お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

マジ天使! 男性が、これまでで一番癒された女性の言動10

ファナティック

いつも一緒にいてくれ、たくさんの癒しと幸せをプレゼントしてくれる彼氏。そんな彼氏が元気のないときは、今までもらった分だけ「癒し」をプレゼントしてあげたいもの! そこで社会人男性に「これまでで、一番癒された女性の言動」について聞いてみました。

■疲れたときに、いたわってもらえるとうれしい

・「しんどくなったら仕事変わってあげるし、帰りなよーって言ってくれたとき」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「残業で疲れているときに、そうとは知らずに甘いものをくれたとき」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「無理しなくていい、もう駄目だと思ったら言ってほしい、など」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

疲れてヘトヘトで「もう限界かも……」と感じるときは、女性からのこんな一言や行動がうれしいもの。こんな気遣いをしてもらえたら、また気力が復活して元気に頑張れそうですよね。彼氏が仕事でつらそうなときは、ぜひ参考にしてほしい!

■体調が悪いときに添い寝

・「風邪をひいたときにおかゆを作って、眠れるまで背中をさすってくれていた」(32歳/通信/技術職)

・「添い寝してくれること。なんか落ち着く」(32歳/商社・卸/営業職)

・「優しく抱きしめてくれて癒された、ぬくもりを感じたから」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

体調が悪いときは、誰かがそばにいてくれるだけで安心できたりするもの。彼氏が一人暮らしなら背中をさすってあげたり、添い寝してあげたりすると喜ばれるかもしれませんね。おかゆでおなかを温めてあげるのも、ほっとしてもらえそう。

■自分の頑張りを見ていてほしい

・「一生懸命がんばっているから、いつかみんなが認めてくれるよ、と言ってくれたこと」(38歳/電機/技術職)

・「急に、いつも頑張っているねとの発言。ずっと見ててくれてるんだと思うから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

自分の頑張りを誰かに見守ってもらえると、なぜかほっとしますよね。つらいときほど孤独はしみるもの。彼氏がつらそうにしているときは「一人じゃないよ」「いつも見ているよ」と、ぜひ伝えてあげてみてください。

■笑顔を向けられると癒やされる

・「俺に会うと笑顔で『こっちだよー』とアピールする。かわいいから」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「笑顔。笑顔で笑われると、癒される」(28歳/情報・IT/技術職)

彼女の無邪気な笑顔に、内心癒やされているという男性も。特別な何かをしてあげなくても、2人でいるときはなるべく楽しく過ごし、心からの笑顔で過ごしていれば、それだけで彼氏に元気と癒しをあげられるのかもしれませんね。

彼氏に感謝の気持ちを込めて、時々はこんな風に「癒し」をプレゼントしてあげたいですよね。毎日仕事が忙しく、なかなか会えない彼氏にこそ、こんな風にほっとするひとときをプレゼントしてあげてみてください。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]