お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

やっぱり34%の男性はNO! 彼女とは仕事の話する? しない?

ファナティック

恋人と話をするとき、なるべく2人の共通の話をするように心がけている人も多いのでは。知らない話ばかりされると、少し退屈に感じてしまうかもしれませんものね。そこで今回は社会人の男性たちに、彼女と仕事の話をしているかアンケートを実施してみました。

Q.彼女とは仕事の話する?

・「する」……28%

・「しない」……34%

・「たまにする」……29%

・「どちらとも言えない」……9%

半数以上の男性が、彼女と仕事の話をする機会があるようですね。どんなときに話をしているのでしょう。お話を聞いてみました。

■「する」

・「同じ仕事をしていれば、自然とそういう話になりますよね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「お互いのストレスとかがまぎれれば、生産性もあるかと思います」(33歳/金融・証券/営業職)

・「『平日こんなことがあったよ』という近況報告は、だいたい会社や仕事の話」(36歳/金融・証券/営業職)

・「話題がないときは仕事の話をします」(28歳/商社・卸/営業職)

お互い話題につきてしまうと、つい自分の会社の話をすることもありますよね。愚痴だけだと相手がウンザリしてしまうので、いつもがんばっていることも盛り込むといいかもしれませんね。

■「しない」

・「プライベートと仕事はわけたいので、絶対にしないようにしている」(36歳/情報・IT/技術職)

・「彼女といるときまで仕事モードになりたくない」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「話してもわからないだろうから、しないようにしている」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「彼女には仕事の話をしたくないから」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

恋人に仕事の話をしたとしても、同じ職場や職種でない限り、話の内容を理解してもらうのは難しいもの。聞いている女性側にしても、どんな返答をしていいか困ってしまいますものね。

■「たまにする」

・「愚痴が多くならないよう気をつける。よかった話なども必ず入れる」(39歳/その他/技術職)

・「仕事の不満をお互いにすることはよくある」(37歳/小売店/販売職・サービス系)
・「いい話だけします。愚痴は聞いてもつまらないだろうから」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「嫌なことがあった日は愚痴を聞いてほしい」(35歳/建設・土木/技術職)

仕事の話というよりは、できれば仕事の愚痴を聞いてほしいという男性も多いかもしれませんね。会社で不満をぶちまけられないので、つい彼女に甘えてしまいたくなるのではないでしょうか。

■まとめ

会社の話となると、つい日ごろたまったうっぷんやストレスのため、彼女の前でも愚痴を言ってしまいそうになる男性も多いみたいですね。しかし中には、「専門的だから、話しても伝わらないのはわかっていても、つい話してしまう」(29歳/機械・精密機器/営業職)といった人のように、自分がどんな仕事に携わっているのかを、彼女にどうしても伝えたくなってしまう人もいるようです。たまに愚痴を聞いてあげるのはいいですが、デートのたび彼氏が愚痴ってくると、さすがにウンザリしてしまいそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月6日~7月14日
調査人数:111人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]