お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

好きすぎて……! 女子が今までに経験した「追いかける恋」のエピソード・4選

ファナティック

好きな人ができても、想いが通じないのはとても辛いですよね。相手に振り向いてほしくて、いろいろ努力をしてみても、必ずしも思いどおりになるとは限りません。今回はこれまで経験した追いかける恋について、社会人女性のみなさんに経験談を語っていただきました。

■メールを何度も送った

・「メールや手紙をたくさん書いたことがあった」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「自分から電話やメールをした」(34歳/情報・IT/技術職)

・「メールを毎日送る」(34歳/建設・土木/営業職)

好きな人と少しでもコンタクトをとりたくて、毎日のように連絡をとってしまうこともありますよね。相手からの返信がくるかこないかで、その日のモチベーションに大きく響きますよね。

■好きアピールを続けた

・「好きすぎて毎日好き好きアピールしていた。『もうすぐ引っ越しで遠距離恋愛になるから……』と断りの手紙?をもらったが、それすらうれしかった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「好きになった男性に、好きアピールをし続け、毎日メールのやりとりをしていた」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「好きと伝え続けた。今でもいい関係です」(25歳/医療・福祉/専門職)

好きになったことを伝えるのは難しくても、態度で示すことはできるもの。こちらの好意は相手にも伝わっているはずなので、それほど悪い気はしていないかもしれませんね。

■デートに誘った

・「好きすぎて、その人と一緒にずっといたいと思って、いろいろと誘ったりしました。重すぎたと自分で反省しています」(32歳/金融・証券/専門職)

・「メールを自分から送ったりデートに誘ったりした」(28歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「好きな人に振り向いてほしくて、好みを調べてデートに誘って付き合った」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

何とかデートに行きたくて、何度も誘ってみた経験のある人もいるようです。断られたときは心が折れてしまいそうになるので、負けずに何度もチャレンジする強い心が必要なのかもしれませんね。

■告白してみた

・「同じ人をずっと好きで、2回告白したがダメだった」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「3年間片思いした相手に、直接・手紙・メールなどいろいろな方法で告白し続けた」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「高校の同じ部活の男の子。部内のほかの子も同じ人が好きで、私の5分後に告白したがお互い振られた」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

黙って見ているだけでは、さすがに気持ちは伝わらないもの。でも勇気を出して告白してみたけれど、玉砕してしまったパターンもあるようです。

■まとめ

追いかけてみても、自分と付き合える可能性がない相手だと、さすがにあきらめそうになるものですよね。しかし中には、「彼女がいるのに、振り向いてもらうために連絡をとりまくった」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)という人や、「憧れの人がいて、相手にされていないとわかっていながら、つい追いかけてしまった」(33歳/不動産/専門職)という人のように、どうしてもあきらめきれずに追いかけてしまった人もいるようです。いくら好きでも、思いつめすぎて、ストーカー化してしまわないよう気をつけたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです
※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月13日~7月15日
調査人数:140人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]