お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

割とディープ!? 男性が思う「彼女候補と女友だちとのボーダーライン」4つ

ファナティック

仲のいい男性はいても、友だちでいる期間が長いと恋人にはなりにくいですよね。一方で、知り合って早い段階で交際する人も。差はどこにあるのでしょうか? そこで社会人男性のみなさんに、彼女候補と女友だちとのボーダーラインについて教えてもらいました

■一緒にいられれば彼女

・「2人で会えるかどうか」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「ずっと一緒にいたいかどうか」(26歳/金融・証券/専門職)

・「会う頻度。女友だちでも会う頻度が上がってくると、そのまま恋人同士になりそうな気がする」(32歳/学校・教育関連/専門職)

友だちでも、一緒にいて楽しい相手は貴重ですよね。ただ喫茶店にいるだけでも有意義な時間を過ごせるような相手であれば、恋人に近いといえそうですね。

■イヤなことも耐えられる

・「苦しいときでも一緒にいたいかどうか」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「苦楽をともにしたいかどうか」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「その子の過去も引き受けてもいいと感じられるか」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

ただ遊ぶだけなら初対面の人とでもできますが、重い悩みを共有できる相手はなかなかいませんよね。この人なら一緒に苦労してもいいと思えるかどうかがカギとなります。

■秘密があるのが友だち

・「気兼ねなく話ができるかできないかのちがい」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「何でも言える人は彼女」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「本音で話せること。女友だちには本心を語らない」(35歳/建設・土木/技術職)

彼女には隠したいことがあるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、それは付き合ってからのお話。付き合う前に何でも話せる雰囲気があれば、相手に告白したくなりそうですね。

■信用できるのが恋人候補

・「彼女は信用できる人。友だちは遊べる人」(30歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「ふと思い浮かべたりするか、どうかではないでしょうか」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「信頼性だと思います」(29歳/運輸・倉庫/その他)

何か困ったとき思い浮かべられる人がいるのは幸せなことですよね。たとえ本当には助けてもらえなくても、信用できる相手ならずっとつながりを持っていたいものです。

■まとめ

今回は女性の内面に注目して、彼女候補と女友だちのボーダーラインを探ってみました。いかがですか? 外見の好みなどもあるでしょうけれど、なかなか深いところで線引きをしている男性が多いようです。もし自分の心がわからなくなったら、参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月10日~7月8日
調査人数:108人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]