お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

それって、どうなの? 「エコじゃなくてケチでしょ」と感じた男性の言動10

ファナティック

節約とケチが紙一重なように、エコも実はケチと紙一重なことが……。実際、男性はエコだと言い張っているけれど「それは単にケチなだけじゃ」と、働く女性が思う行動について聞いてみました。

■光熱費を削減しすぎて、普通の生活が送れていない

・「使ってる電気を止めようとしてくるとき。節電とはいっても読書してる人の前で電気を消すのはいやがらせとしか思えない」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「シャワーの水をケチって、時間を細かく言ってきたとき」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「夏場、クーラーをつけずに過ごす男。汗だくで過ごしてるのを見て異常だと思った」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

限りある資源を大切に……とは言っても「それはちょっとやりすぎじゃ!?」と思うのがこんな光熱費の削減。これだとかえって精神や体など、思わぬところが病んでしまいそう。環境にはやさしいけれど人に厳しすぎる行動は、エコといえるかちょっと疑問ですね。

■ビニール袋の考え方がいろいろ間違ってる

・「お金がかかるスーパーの袋を絶対にもらわなくて、大荷物でも抱え込んで持って帰ってくる」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「エコバッグのポイントをもらいたいために、素手で持って帰る」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「かばんを使わず、コンビニのビニール袋を使う」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

「マイバッグ持参」をせずに、ビニール袋代節約のために、素手で持って帰る男性。また普段からカバン変わりにビニール袋を持ち歩く男性。エコの考え方がいろいろ間違っているような……。

■人に出すもの、贈るものもエコで

・「彼女へのプレゼントはリサイクルショップで安く買って、高そうな包装用紙に包む人」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「飲み水は全て水道水、客人に出す水も水道水」(33歳/その他/クリエイティブ職)

ここまで来ると「それはケチって言うんだ!」なんてじだんだを踏みたくなりますね。地球にやさしく彼女に厳しいなんて……どうなんでしょう。

■地球にやさしく、体に厳しいエコ

・「使い捨てマスクの再利用。くさいのでいや」(24歳/食品・飲料/技術職)

・「鼻かんだティッシュを取っておく父」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

そのマスクやティッシュのために、病気になってもいいのだろうかと不安になるのがこんなエコ。物を大切にする気持ちはいいとして、「それはそれ、これはこれ」ですよね。エコも大切ですが健康も大切です!

■まとめ

エコのためだと本人は言い張っているけれど、何かがちがうようにしか見えない行動……ありますよね。確かにエコにはつながりそうですが、無理はやっぱり禁物。病気にならないように健康的な暮らしをまずは優先して、そこからエコをがんばっていきたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月12日~7月19日
調査人数:109人(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]