お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

むむむ、これはよその女だ!! 彼氏に元カノの影響を感じた瞬間4つ

ファナティック

人は深くかかわった人の影響を受けるものです。女性にも、彼氏の影響でメイクを変える人はいますよね。同じように、男性も元カノに染まっていることがあるようで……? 女性のみなさんに、彼氏に元カノの気配や影響を感じた瞬間を聞きました。

■トイレが女性にやさしい!?

・「男の一人暮らしなのに便座カバーを持っている。しかもピンク色」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「一人暮らしの彼の家のトイレにゴミ箱が設置されている。下着を洗うためのネット」(32歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「洗面台にやけにセンスのよい小物がある」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

ややもすると常に便座が上がっている男性のトイレ。ですが明らかに女性に配慮した形跡があると、元カノのことを思っていたのだなと感じそうですね。

■ありえないかわいさがある

・「部屋にぬいぐるみが置いてある。クッションがハートの形」(25歳/情報・IT/技術職)

・「助手席にブランケットやクッションが置いてあること」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「東京ディズニーランドのおみやげTシャツを着てたとき。男の子からはもらわない」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

妙にラブリーな小物。元カノがプレゼントしたものか、元カノのために買いそろえたものではないかと思ってしまいそうですね。別れても捨てられなかったのかな、と思うと、ヤキモチを焼きたくなるかも?

■生理事情を把握!

・「彼の自宅のクローゼットに生理用品などが常備されているのを見つけたときは、過去の経験から常備しているのかと思いました」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「生理のときはものすごく優しい。元カノに指導されたのかと思う」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「女性ならではのことを知っていたとき」(32歳/学校・教育関連/技術職)

普通の男性はあまり知らない女性の生理事情。女きょうだいがいても、自分の部屋で生理用品をストックしようという発想はなかなか出てこなさそうですよね。元カノがいたからこその配慮を感じそうです。

■食の好みに……

・「自炊時アボカドサラダとか女が好みそうなものを作る」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「料理の盛り付けに難癖をつけてきたときに、前の彼女は私とはちがう盛り付けだったんだろうなと感じた」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「元カノが10歳くらい年上だったようで、時々和食が食べたいな~とつぶやいている」(32歳/金融・証券/専門職)

元カノに食べさせてもらった味を覚えているのか、食の好みが女性寄りになった男性も。元カノが料理で彼の胃袋をつかんでいたのでしょうか。影響は大きいですね。

■まとめ

微妙な存在の元カノ。今の彼氏を形成しているものに元カノのニオイがすると、嫉妬してしまうかもしれませんね。それほど相手の好みを受け入れてくれる、やさしい男性ともいえるでしょう。新しく自分色に染められるように、できることからはじめていきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数女性133件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]