お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

付き合う男性の友だちに、彼女として紹介してほしい? ほしくない?

ファナティック

学生時代とはちがい、彼氏が自分のちがう職場やコミュニティーに属している、という人は、社会人になると非常に多いです。必然的に、共通の友だちも少なくなりますよね。だからこそ、あえてきちんと、自分の恋人を親しい友だちに紹介する場を設ける人もいるそう。そこで今回は働く女性たちに、彼氏とその友だちにまつわる質問をしてみました。

Q.付き合う男性の友達に自分を彼女として紹介してほしい?

●1位「どちらとも言えない」……50%

○2位「紹介してほしい」……33%

●3位「紹介されたくない」……17%

「どちらとも言えない」と回答した人が半数もいますね。では、それぞれの回答を選んだ理由を教えてもらいましょう。

■1位「どちらとも言えない」

・「彼氏の好きにしたらいいと思う」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「彼氏がしたいと思うならしてもいいけど、してほしいとまでは思わない」(32歳/自動車関連/技術職)

・「結婚が決まったら紹介してほしいけど、それまでは彼の都合でいい」(24歳/通信/販売職・サービス系)

・「相手の自由でいいので、紹介されてもされなくても気にならない」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

友だちに紹介する、というのは、彼氏の事情。自分の意思ではなく、彼のしたいようにさせたい、と考える気持ちが大きいようです。

■2位「紹介してほしい」

・「自慢の彼女と思われてる気がするので。紹介されないと『隠したい程度の彼女なの?』と思う」(28歳/建設・土木/技術職)

・「友だちに紹介してくれたほうが、『真剣に考えてくれてるのかな』と思う」(27歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「彼女として紹介できるということは『遊びだと思っていない』ということだから」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「紹介されることで、付き合ってることが正式なものになるから」(33歳/その他/事務系専門職)

社会人同士の恋愛だと、本人たち以外、関係を知らない、なんてこともあるでしょう。紹介してもらえば、友だち公認の仲に。誰かに認められることで、なんとなく立場がしっかりとした気になるのかもしれませんね。

■3位「紹介されたくない」

・「人見知りなのでそういうのすごく苦手です」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「恥ずかしいから。どう思われたか気になってしまうから」(22歳/建設・土木/技術職)

・「面倒くさいし、紹介してもらうメリットを感じない」(27歳/建設・土木/技術職)
・「間接的な知り合いになると、肩身が狭くなり居心地が悪いから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

あいさつ程度ならいいけど、彼氏の友だちだからと言って、初対面の人と一緒に食事をしたり、出掛けたりするのは、ちょっとストレスがたまりそうという意見。それによって何か得るものがあるのならいいですが、ないのなら遠慮したいところでしょう。

■まとめ

「紹介されたくない」という人の中には、「別れたら気まずいから」(22歳/金融・証券/事務系専門職)、「別れたら気まずいから紹介してほしくない」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)というように、「別れた場合のこと」を考えている人もいます。結婚がほぼ確定している関係ならば問題ありませんが、将来のことを考えられない相手の友だちに軽率に会うのは、考えたほうがいいのかも。もし、彼に「友だちに紹介したいんだけど……」と言われたら、そのことをしっかり考えてから返事をするといいかもしれませんね。

(ファナティック) 

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~6月20日
調査人数:184人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]