お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

女子の本音! 初デートは「ランチから」or「ディナーから」どちらがいい?

ファナティック

お互いのことをよく知らない段階で、ドキドキも最高潮の初デート。どこに行くか、何を食べるのかも迷うところですが、デートの時間帯で選択肢も変わってきますよね。今回は、初デートではランチを一緒に食べたいのか、それともディナーを一緒に食べたいのかについて女性たちに聞いてみました。

Q.初デートでは、ランチを一緒に食べたいですか? ディナーを一緒に食べたいですか?

「ランチ」……55.7%
「ディナー」……44.3%

初デートなら「ランチ」という回答が半数以上という結果に。では、どうしてそう思うのかを聞いてみましょう。

<「ランチ」派の意見>

■まずは気軽に会いたい

・「ディナーは堅苦しい感じがするので、最初はランチで気軽にごはんを食べて様子を見たい」(26歳/小売店/販売職・サービス系)
・「ディナーは値段も高いし、少し緊張感もある感じがするから」(23歳/その他/事務系専門職)
・「最初はお互いに慣れていないので、軽い気持ちで楽しく話せればいいと思うから」(27歳/学校・教育関連/その他)

ディナーとなるとそれなりの値段もするし、緊張もしてしまう。その点、ランチなら値段も手ごろだし、カジュアルなデートが楽しめそうなので初デートにはぴったり。お互いのことをよく知るためには、余計なことで緊張していない状態が一番かもしれませんよね。

■長くも短くも時間調整しやすい

・「初めてならランチを食べて、早めに解散した方が爽やかだから」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「初デートはお互いを知るための時間なので、明るいうちに会って夜は早めに帰れるように」(35歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)
・「昼間なら気軽に出掛けられるし、時間もたくさんあるからどうにでもなる」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

ランチの時間帯に会えば早めにデートを切り上げて帰ることもできるし、もし、話が盛り上がったらそのまま夜までデートを続けることも。デートの盛り上がり方やお互いの気持ちで時間を調整しやすいというのもランチデートをチョイスする理由になるようですね。

では、ディナーを一緒に食べたいという女性にも理由を聞いてみましょう。

<「ディナー」派の意見>

■一緒にお酒を楽しみたい

・「人によるが、ディナーを食べて、その後に飲みに行きたい」(28歳/学校・教育関連/その他)
・「飲むのが好きだから、やっぱり一緒に飲んでどんな会話があるかを確認したいから」(29歳/通信/技術職)
・「お酒を飲んで気分よくなりたいし、ムードも必要だから夜がいい」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

ディナーの方がムードもあるし、何よりお酒を飲めば気分もほぐれて会話も盛り上がりそう。初デートだからこそ、緊張しないためにもお酒があった方がいいという理由でディナーを選ぶ女性もいるようです。飲んだときにどう変わるかで、彼の隠された素顔を見ることもできそうですよね。

■まとめ

初デートの緊張した気分をできるだけ少なくするために、カジュアルなランチを選ぶという人もいれば、その緊張をお酒の力でほぐそうという人も。相手のことがよくわからないだけに、どちらを選ぶのか難しいところですね。会社帰りに会うのか、休日にデートするのか会える時間帯によってもチョイスは変わってきそう。どちらにしても、あまり緊張せず素のままの自分を出せるようなデートができれば、2回目のお誘いもあるはずですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数190件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]