お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

めんどくせ~!! 私のまわりの細かすぎる男性8選

ファナティック

細かい性格は時にいいこともありますが、限度を超えた細かさを強要すると「面倒くさい人」のレッテルを貼られてしまうこともあります。社会人の女性に、細かい男性について思うことを聞いてみました。

■細かい視点ですべてを監視

・「生活費を妻に毎月全て提出させてチェックする旦那。ある程度自由がないと息が詰まってしまう」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「友達の服装に文句をつけたり、友達が頼んだメニューに食いついたりする人がいて、めんどくさいなと思いました」(24歳/通信/営業職)

とことんこだわらなければ気が済まない彼らは、他人のことにまで目がいってしまうようです。こだわりのあることは任せることができないため、独裁的な雰囲気もあり、周囲から反感を買ってしまうこともあります。

■1ミリも動かない自分のルール

・「職場に潔癖症でデスクの上に置くものの位置がキッチリ決まっている人がいる。気がすまないらしく、大変だなと思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「『顔用はピンク、体用はブラウン』と、使うタオルに細かい指定がある」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

日常使うあらゆる物に自分ルールを定めている、という特徴も見られました。この場合、彼らの所有物を借りるときは注意が必要。定位置に戻すことは当たり前、位置関係が少しずれただけでも何か言われることは間違いなさそうですね。

■細かい価値観を他人に強要

・「何でも正式名称で言わないと注意してくる男性がいる。チョコレートをチョコと言うだけでも指摘される」(32歳/自動車関連/技術職)

・「ちょっとホコリがあるだけで『汚れてるから掃除して』と言ってくる男。おまえがやれよと言いたい」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

本人が1人でこだわっている分には問題ないのですが、細かすぎる人の問題点はその細かさを他人にも要求することです。こちらはそんなこと気にならないのに、細かいこだわりを強要されて、いい気分になる人はいないですよね。

■食事や飲み会でも細かさをいかんなく発揮

・「どこでもポイントカードやクーポンが出てくる人。使うのは良いが、できれば、一人のときに使ってほしい。恥ずかしくなる」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「1円単位でお金にうるさい。ずっと前におごったのとかをずっと覚えてて言ってくる」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

みんなとの飲み会でも細かさを発揮する人もいるようです。割引の類いはすべてチェックしていて、代金もきっちり割り勘にしてきそうですよね。ひょっとしたら電卓を持ってきているかもしれません。

■まとめ

細かいことにこだわるのは悪いことではありませんが、社会生活を営んでいく以上は、ある程度の妥協や周囲との調和も必要ですよね。ですが彼らにはその理屈は通用しないことがほとんど。行き過ぎた細かさに周囲を巻き込まないよう気を付けてほしいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数女性167件(25歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]