お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

で、何が言いたいワケ? 男性が思う「話がつまらない女性」の共通点4つ

ファナティック

その人のことが嫌いなわけではないけれど、話をしていてもつまらないし、これ以上話すことはないなと感じてしまう。みなさんには、そういう相手がいますか? 男性たちにとって、いくらがんばっても会話が楽しめない相手はどんな人なのでしょうか。そこで今回は、男性たちが思う「話がつまらない女性」の特徴について聞いてみました。

■リアクションが薄い

・「キャッチボールができない。質問がない」(35歳/その他/事務系専門職)

・「相づちしか打たない。表情が一定。話が弾まないから」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

相手が話したことに対するリアクション次第で、さらに話題が盛り上がるかどうか決まるもの。会話にはリアクションしてくれる人の存在が欠かせないものですが、それがあまりにも淡々とし過ぎていると話していても疲れてしまいそう。話下手でも表情で気持ちを伝える努力はしたほうがいいかもしれませんね。

■自分のことしか話さない

・「自慢話ばかりの女性はつまらないですね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分の話を一方的にする女性」(30歳/その他/その他)

・「やたらと自分の話が多く、人の話を聞かない」(36歳/食品・飲料/事務系専門職)

話をしていてもいつの間にか自分のことにすり替えたり、人の話を遮ってまで自慢話をしたり。一方的に話す相手とは会話がつまらなく感じてしまうのも当然かも。自分のことを話したくても、まずは相手の話を聞くということを忘れないようにしたいですね。

■話にまとまりがない

・「返答のしようがないことや、関係のない、わからない話をするとき」(36歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「何を言いたいかまったくわからず、着地しない」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「話が飛びまくる。一貫性がないから」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

相手が答えに困ってしまうような内容や返答しようとしたらすでに話題が変わっていた。女性同士の他愛もない会話なら軽く流せそうですが、男性はまとまりのない話についていけず、置いてけぼりを食らったような気になることも。相手の反応を見て会話を進めるというのも、気遣いのひとつと言えますよね。

■悪口や愚痴が多い

・「自分の仕事の愚痴ばかり言う。仕事内容がわからないのでつまらない」(31歳/運輸・倉庫/その他)

・「自分を棚に上げて人の悪口を言う女性はダメですね」(38歳/自動車関連/その他)

・「ネガティブ志向が強すぎると、付き合うにはかなり無理が生じそう」(23歳/情報・IT/技術職)

人の悪口や仕事の愚痴を聞かされていい気分になる人はいませんよね。愚痴りたくなっても、ある程度まで話したら話題を変えたほうがよさそう。暗い話ばかりしていると自分自身も落ち込んでしまうので、無理にでも明るい話題に切り替えることで気分転換ができるかもしれませんよ。

<まとめ>

話をしていても盛り上がらないし、そもそも会話が成立しない。一方的に話しすぎる女性や、逆に相づちばかりで自分からは話さない女性は、男性たちから「話がつまらない」と思われてしまうみたいです。会話はキャッチボールに例えられることも多いですが、まさにお互いのやり取りが大事。そのために、まず話を聞くこと、自分の話に対して相手がどんな反応をしているかをしっかりと見ることも必要ですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月16日~2016年6月17日
調査人数:378人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]