お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

い、今すぐ嫁に来ないか!? 男性が、今までに一番感動した彼女の手料理5つ!

最近は自分で料理をする男性も増えてきましたが、男性にとって、今も昔もやっぱり彼女の手料理はうれしいもの。あなたが今までに一番感動した彼女の手料理はなんですか? 社会人男性に聞いてみました。

■肉じゃが

・「ジャガイモがとろけるくらいおいしかったから」(31歳/自動車関連/その他)
・「家庭の味の代表格だから食べれるとうれしい」(32歳/食品・飲料/技術職)
・「簡単そうで実は意外と奥深いから」(24歳/医薬品・化粧品/営業職)
・「疲れていて、遅くなっても作っていてくれたことに感動」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「普段自分で作ることがない料理なので、彼女にリクエストして作ってもらった」(35歳/建設・土木/技術職)

感動した手料理を「肉じゃが」と回答した男性が圧倒的多数! 男性が肉じゃがを喜ぶというのは本当だったんですね……! 都市伝説かと思っていました。家庭の味のイメージもある肉じゃがは、作ってもらうとうれしい料理のようです。実家では食卓に出てきていた煮物料理も、一人暮らしなどで食べる機会がなくなって、たまに作ってもらえる煮物はありがたいのかもしれません。

■ハンバーグ

・「自分の家に来て初めて作ってくれた料理。苦手と言いながらも一生懸命作ってくれたしおいしかったから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「ずっと手料理を、食べたいって言ってたからうれしかった。ちゃんとした彼女の手料理は初めてだったから、感動した」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「作れないなりに一生懸命作ってくれた」(39歳/情報・IT/営業職)
・「自分の家に来て初めて作ってくれた料理。苦手と言いながらも一生懸命作ってくれたしおいしかったから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「店で食べるよりもおいしかった」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

彼氏に初めて作る手料理として人気の高い「ハンバーグ」も、男性が感動した料理として多く挙がりました。ハンバーグは男性ならみんな好きですよね。味がどうこうというよりも、何より自分のために、一生懸命料理を作ってくれる姿に感動したというコメントが多く見られました。

■カレーライス

・「専門店で食べるくらいおいしかったから」(23歳/その他)
・「母親の味とも外食の味ともちがう独特のおいしさがあったから」(37歳/小売店/販売職・サービス系)
・「ジャガイモやニンジンなど、料理をする人によって大きさがちがい、その人だけの愛情が出る料理だから」(29歳/情報・IT/技術職)
・「誕生日のとき。シンプルなものほど、自信のほどを感じる。実際においしかった」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

その家庭によって独特のカラーがでる「カレーライス」も、感動した手料理として挙がりました。野菜の大きさ、お肉はなんを使うのか、辛いのか甘めなのか……。など、カレーはその家独特の味付けや好みが出ますよね。そのちがいもおもしろいと思っているようです。

■オムライス

・「テレビでやっていた、とろとろのオムライスを作ってくれた」(29歳/機械・精密機器/営業職)
・「メッセージをケチャップで書いてくれてうれしかった」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「初めて女性の家に行き、作ってもらった」(27歳/金融・証券/営業職)

彼氏への手料理として定番の「オムライス」。チキンライスを卵で包むのがなかなか難しいですが、男性からは喜ばれる料理のようです。彼の名前や「スキ」と書いてみたり……ケチャップメッセージは誰もが一度は必ずやりますよね。

■その他

・「さばのみそ煮。さばも臭みがなく、味付けもかなりおいしかった。かなり料理が上手な子だなと思った」(32歳/学校・教育関連/専門職)
・「お弁当。初めてのデートのときに作ってきてくれて、あまりおいしくはなかったものの、初めて彼女の手作り弁当を食べられて感動したから」(36歳/情報・IT/技術職)
・「豚肉と冷凍うどんを炒めた焼きうどん。彼女が得意だからと10分ぐらいで作ってくれたのが感動的なおいしさだった」(37歳/機械・精密機器/営業職)
・「おじや。これ最強でした。風邪ひいて弱っているときはうれしかった」(36歳/学校・教育関連/その他)

その他挙がった料理の多くは、おじや、やきうどん、親子丼、さばのみそ煮などの魚料理を中心とした和食が大半でした。やっぱり男性は彼女に作ってもらう料理は和食が好みのようですね。

■まとめ

彼女に作ってもらってうれしかった手料理ナンバー1は、「肉じゃが」という結果となった今回のアンケート。また、感動したパターンにも、お店かと思うほど味がおいしくて感動した場合と、一生懸命作ってくれたことに感動した場合と2つのパターンがありました。何にせよ、相手に喜んでもらえる料理が作れるのが一番いいですね!

(エンドウリョウコ)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]