お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

早すぎる? 恋人を「まだ親に紹介しないほうがいいかも」と不安に思ってしまうとき10

タブロイド/佐藤

恋人と付き合ってしばらくしたり、結婚を考えはじめたりするとやはり両親へ紹介したいと思いますよね。しかしなにごともタイミングが肝心。紹介するべき時期があれば、そうでない時期もあるのです。今回は「恋人を『まだ親に紹介しないほうがいいかも』と不安に思ってしまうとき」についてアンケートで聞いてみました!

■恋人を「まだ親に紹介しないほうがいいかも」と不安に思ってしまうとき

●第1位/「彼が転職活動中のとき」……24.8%
○第2位/「相手が貯金を全然していないとき」……18.2%
●第3位/「結婚を前提としたお付き合いをしていないとき」……10.2%
○第4位/「彼氏との関係が微妙で、別れる可能性があると思ってしまうとき」……8.0%
●第5位/「ケンカが続くとき」……5.8%
○第6位/「一年以上付き合っていないとき」……5.1%
●第6位/「今まで一度も親に恋人を紹介したことがないとき」……5.1%
○第8位/「彼の年収が、親が求める“娘の結婚相手に求める年収”に達していないとき」……4.4%
●第8位/「彼の親にまだ会わせてもらえないとき」……4.4%
○第10位/「彼氏が、目上の人に雑な態度をしているのを見てしまったとき」……3.6%
※第11位以下は略。

■第1位/「彼が転職活動中のとき」

第1位は24.8%で「彼が転職活動中のとき」でした。彼が近々転職する予定のある時期に紹介すると、理由をいろいろと聞かれたり、転職したあとにまた報告しなければならなかったりと、めんどうなことが多いですよね。仕事を長く続けられない人というイメージがついてもいやですし、この時期は避けたほうが無難かも。

■第2位/「相手が貯金を全然していないとき」

第2位は18.2%で「相手が貯金を全然していないとき」。結婚するのも、そのあと暮らしていくのも、そして子どものことを考えても、やはりどうしても貯金は必要です。恋人が貯金をまったくしていない人というのは、印象としてはよくありませんね。

■第3位/「結婚を前提としたお付き合いをしていないとき」

第3位は10.2%で「結婚を前提としたお付き合いをしていないとき」。ふたりの間ではちゃんとした考えがあって付き合っていたとしても、結婚を前提としていないお付き合いが両親にどう捉えられるのかはわかりません。説明するのもなかなか難しいですしね。

■まとめ

なにごとにもタイミングは重要です。特に、恋人を両親に紹介するというデリケートなイベントならば、なおさら。いい時期に紹介して、好印象を抱いてもらいたいものですね!

(タブロイド/佐藤)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月25日~6月2日
調査人数:137人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]