お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

100年の恋も冷める! デート中にドン引きしたNGマナー8

ファナティック

大好きな彼とのデート、今日は存分に楽しみたいと思っても、彼の態度によってはその気分も一気に萎えてしまうこともありますよね。恋する気持ちもなくしてしまいそうな、デート中の相手のマナーについて、社会人の女性に聞いてみました。

■ふとした瞬間に垣間見える彼の本性

・「運転中に気が大きくなってキレたり、乱暴な運転になる。店員に横柄な態度をとる」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「店員さんに文句を言いまくって俺かっこいいと思ってる」(28歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

出会ったばかりではなかなかわからない彼の本性も、二人でデートすることで露呈する場合もあります。上から目線の横柄な態度は簡単に直るものではありません。クレームを言って自己陶酔しているなら手の施しようもないかもしれません。

■食べ方が汚いのは即アウト

・「紳士的だと思っていた人が、クチャラーだったこと」(29歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「肘をついてクチャクチャ音を立てて食べる上に、残す」(30歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

食べ方が汚い人との食事は、こちらもなんとなく恥ずかしい気分になってしまいますよね。本人は無意識でやっている場合が多く、長年の癖になってしまっているので改善は難しいかもしれませんね。

■公共マナーに反する行為も平気でする

・「たばこを道端にすてるという行為」(28歳/その他/販売職・サービス系)

・「路上に唾を吐くのはありえないと思った」(28歳/医療・福祉/専門職)

デート中に限らず、このようなことを平気でする人は周囲に不快感を与えるだけではなく迷惑をかけてしまうことも。公共マナーに対する意識を改める必要がありそうです。

■身勝手な行動でデートが台無し

・「待ち合わせの前にパチンコ屋に行ってて終わるまで待たされる」(27歳/金融・証券/営業職)

・「途中でいきなり友達カップルを呼ばれてダブルデートになったとき。一言欲しい」(26歳/情報・IT/技術職)

デートは二人で楽しむもの。彼の身勝手な行動で、楽しいはずのデートが台無しになってしまうこともあります。デート中に自分のために何かをするときは、お互いに意思を確認してからの方がいいかもしれませんね。

どんなに見た目が好みでも、話がおもしろくても、デートのマナーがなっていない男性は魅力も半減してしまいますよね。デートはお互いが楽しむことが大前提。何気ない行動で恋が冷めてしまわないよう、デート中のマナーには気を付けたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数203件。25歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]