お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

会社の後輩とプライベートで付き合うときの注意点12

ファナティック

同じ職場の社員と言えども、気の合う相手なら、できれば仲良くしたいと思うもの。とはいえ、相手が後輩社員となると、公私混同をしてしまわないか、少し心配になりますよね。そこで今回は社会人女性のみなさんに、会社の後輩とプライベートで付き合いをする際に注意すべき点について、アドバイスをいただきました。

■上から目線にならない

・「上から目線で話をしたりはしない」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「上から目線にならない。嫌に思われやすいから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「先輩だからと言って命令しない。プライベートでは上下関係に関係なく接するべきだと思うから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

いくら後輩であっても、プライベートでは上から目線にならないほうがいいかもしれません。職場では厳しい先輩であっても、プライベートでは優しい先輩というのが、後輩からも慕われやすいかもしれませんね。

■悪口は言わない

・「上司の悪口を言わない。告げ口されたら面倒なので」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「会社や上司の愚痴は言わない。どこかで絶対漏れたりするから」(33歳/不動産/専門職)

・「うわさ話や悪口は言わないようにする。どう広まるかわからないから」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

その場だけの話であっても、他の社員のうわさや悪口は避けておいたほうが良いでしょう。その後輩には悪気はなかったとしても、いつどんな形で本人に伝わってしまうかもしれません。

■言葉遣いに気をつける

・「ちゃんと敬語で話をしてもらう。上下関係は必要なので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「敬語を使わせる」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「言葉遣いには気をつける。ラフになりすぎないように」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

どれほどプライベートで仲が良くても、やはり、そこは先輩と後輩です。プライベートでもきちんとした言葉を使わせるようにしておいたほうがよいかもしれません。自分のためではなく、後輩のためにということになります。

■ぶっちゃけすぎない

・「あまりぶっちゃけトークをしすぎないこと」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「さらけ出しすぎない。バカにされる点を見つけられると厄介」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分のプライベートはあくまで深く言わない。いざというときに説教できなくなる」(35歳/その他/営業職)

後輩社員と仲が良くても、あまりプライベートの部分は出し過ぎない方がいいかもしれませんね。表面上は先輩・後輩という形をとってはいても、軽く見られてしまうかもしれません。

仕事だけでなく、プライベートでも後輩と付き合うことはありますよね。いくらプライベートであっても、あまり関係性がラフになり過ぎると、後輩のためによくないかもしれません。あくまでも先輩後輩の関係は保っておく必要がありそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数162件(22〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]