お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

女子激おこ! グレーだけどそれセクハラじゃない!? と感じること4つ

ファナティック

職場の人たちとコミュニケーションを取ることは大切ですが、それも度が過ぎると相手に不快な思いをさせてしまうこともあります。今回は、あからさまではないけれどセクハラかもしれないと感じる、職場での出来事を、働く女性のみなさんに語ってもらいました。

■やたら女性の体に触れたがる

・「男性上司から肩を揉まれたこと。単純に労うつもりだったのかもしれないが、セクハラじゃないかと思った」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「飲みの席なので微妙だが、なぜか必ず女性の頭をポンポンしてくる人がいる」(34歳/小売店/事務系専門職)

何かに理由をつけて女性の体に触れたがる人がいますが、そもそも体に触れなければいけない状況かというと、そうではないことがほとんどではないでしょうか。ノリで触れたにしても、相手が嫌がっていればセクハラになるかもしれません。

■人の結婚に口を突っ込む

・「『28歳でしょ? 子どもはほしくないの? 結婚しないの?』と言われました」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「『結婚されてない〇〇さんの話なんだけどね』と飲みの場で本人がいないときに話す、50代未婚おじさん」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

結婚観は人それぞれです。結婚することが当たり前という固定概念で話をするのは、結婚していない人や子どもを産まない人の生き方を否定することにもなりますよね。幸せの形は人によってちがうので、むやみに自分の常識を押し付けることは避けたいですね。

■なかなかなくならない男女差別

・「普段白衣で仕事。ズボンが透けやすいので、リース切り替えのタイミングで、紺色のズボンを指定したが男性上司は却下。本当はそんなこと話したくもないが、理由も話してお願いしてもダメだった」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「意見すると、口では言わないが、『女のくせに』という雰囲気を出す上司」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職))

女性も組織の一員として働く以上、意見を言う権利はあります。ですが男性基準で物事を考える会社はいまだに多いようです。それぞれに言い分はあっても、お互いを理解しようとする気持ちが大切ですね。

■女性同士で受けるセクハラも

・「女の上司に、彼氏とどうなのか?とか、最近したのか?とか聞かれるのも、グレーかなぁ??と思いました」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「同性同士ではあったが、みんながいる前で胸の大きさを上司が指摘し、スーツ合わせるのが大変よねー!とバカにしてきた時」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

たとえ同性である女性から言われたとしても、内容によってはセクハラになりますよね。女同士だからと好き放題入っていたら、訴えられてもおかしくありません。女性の気持ちがわかるであろう同性から受けるのは悲しいですね。

■まとめ

セクハラと聞くと、男性が女性に対して行う性的な嫌がらせを想像しますが、同性の何気ない一言で傷つくこともあります。どんなに関わりが深い仕事の仲間であっても「親しき仲にも礼儀あり」を忘れずに、節度を持って接したいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数204件。25歳~35歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]