お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

恋が叶った……! 女子が「ロマンスの神様」に感謝した瞬間4つ

ファナティック

恋がうまくいくためには、自分の努力だけではダメ。相手の気持ち、そしてお互いのタイミングや周囲の状況など……さまざまな条件をクリアして、初めて恋人同士になれるものです。恋が叶ったその瞬間だけは「ロマンスの神様どうもありがとう!」と思った経験がある方も多いのでは? 働く女子たちがこんな風に思った瞬間について、具体的なエピソードを教えてもらいました。

■運命の出会い!

・「出会いがなくて悩んでいた頃に仕事でケガをし、たまたま通った整骨院の先生と今お付き合いしています。どこに出会いがあるかはロマンスの神様にしかわからないんだろうなって思いました」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「出会ったときは印象が悪かったのになんだかんだで付き合うことに。そしてまさか結婚するとは。運命って本当にわからないです」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ものすごいイケメン外国人に見初められたとき」(25歳/電機/事務系専門職)

これぞ女子の夢! なんて、運命の出会いを挙げる意見が目立ちました。

■好きな人が……

・「自分には振り向いてくれなさそうだと思っていた人が、自分を気に入ってくれていた」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「かっこいい、好きかもと思う人から、ロマンチックな告白をされた」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「好きな人ができて相手も自分のことを最初から好きだったと知ったとき」(30歳/情報・IT/技術職)

実は気になっていた人が、自分のことを好きになってくれ、さらに率直に思いを伝えてくれるなんて……奇跡の連続です! ロマンスの神様が導いてくれたとしか思えない展開に、感謝の念が強まるのも当然のことだと言えそうですね。

■素早い展開

・「出会ってすぐお互いに惹かれて、結婚前提で一緒に住むことになりました」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

・「何人も付き合ってきて、こういう人がいいって思っていた理想の人をベストタイミングで紹介され、とんとん拍子にいって付き合って2年後結婚し、今ほんとに幸せです」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

恋がうまくいくときには、なぜかとんとん拍子に話が進んでいくことも多いもの。「勢い」と言えばそれだけのものですが……ロマンスの神様が2人の背中を押してくれているのかもしれませんよ。

■復縁愛

・「別れて、久しぶりに元カレとメールしたときに、この人と結婚する気がすると思ってから2年、本当に結婚した」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「一回別れたけれど、なんやかんやでうまくいっている」(25歳/医療・福祉/専門職)

一度壊れた関係を修復するのは、一から新しい関係を築くよりも難しいこと。別れたからこそ相手の大切さを知り、相手も同じように思ってくれているとしたら、かなり運命的です!

■まとめ

聞いているだけでうらやましくなるエピソードばかりでしたね。「ロマンスの神様どうもありがとう」と叫びたくなるような恋をしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数133件。22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]