お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

意外と多かった……サプライズが嫌いな女子は○○%!

ファナティック

誕生日やプロポーズなど、特別なイベント時に「サプライズ」を企画してくれる男性もいますよね。メディアの企画でも取り上げられることが多く、「女子はみんなサプライズが好き!」なんてイメージもあるもの。不特定多数の人たちが申し合わせて突然パフォーマンスをはじめるフラッシュモブも流行っているようです。しかしサプライズが嫌いという人も……。働く女性にサプライズについて聞きました。

 

Q.サプライズは好きですか?

 ・「好き」……60.2%
 ・「嫌い」……39.8%

「好き」と答えた女子が6割以上という結果になりましたが、実は「嫌い」派女子も4割近くいるようです。早速それぞれの理由についても教えていただきましょう。

<サプライズが好き! と思う女子の意見>

■愛!

・「びっくりするし、自分のためにそこまで考えてくれてたのかって思うとうれしい」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

彼女を驚かせたいという一心で、あれこれとサプライズを企画してくれた彼。たとえサプライズが微妙でも、その気持ちがうれしいものかもしれませんね。

■うれしい驚き

・「驚きがあるほうが生活が豊かになるから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「好き。マンネリを解消できるから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

突然の出来事にウキウキワクワクすると、とても新鮮な気持ちを味わえるもの。ちょっと退屈な日常にも、驚きが生まれますよね。末永くいい関係を築いていくためには、お互いにこんな工夫も必要なのでしょうか。

■ただし条件も

・「度を越していなければ、考えてくれることがうれしい」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「愛あるサプライズはいいと思う。けど自分勝手なサプライズはだめだと思う」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「大がかりすぎるのは好きではないけど2人だけでのサプライズはあったほうがうれしい。ケンカした次の日にバラがたくさん届いた」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

サプライズが好き! とはいえ、「なんでもいい」というわけではないのが、イマドキ女子たちの本音です。特に「やりすぎ」や「他人を過度に巻き込んだ演出」に対して、嫌悪感を抱く方が多いようです。

では次に、気になる「嫌い」派女子たちの意見を紹介します。

<サプライズが嫌い! と思う女子の意見>

■計画性重視

・「計画的に物事を進めようと思うのですが、それができなくなるので嫌です」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「嫌い。経験もないけど、計画的に行動することがとても好きだし、自分も驚いたリアクションができないから」(30歳/情報・IT/技術職)

サプライズとは、相手の予想を超えた企画で、予定を狂わすということでもあります。心の中で「今日は洗濯するはずだったのに」なんて思いながら、表向きは喜んで……なんて想像すると、負担に感じる気持ちもわかるような気がします。

■うれしいでしょ?

・「突然のことだと対応できないこともあるのに、驚いて喜ばないといけないという、押し付けを感じて嫌」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「するのは好きだけど、なんか少しわかっちゃっててもわかんないふりするの大変だし、期待よりパフォーマンスが低いとなんか……いたたまれない」(24歳/金融・証券/営業職)

がんばって企画した側にしてみれば、「相手の喜んだ顔」が何よりのご褒美なのではないでしょうか。その気持ちはわかりますが……「押し付けられるのが嫌!」という意見も、意外と多くありました。サプライズをされることで、むしろ自分の気持ちを素直に表現することが、難しくなってしまうのかもしれませんね。

<まとめ>

「好き」と思う女子の方が多い結果となりましたが、「嫌い」派の意見も無視できるものではありません。中には「嫌い。自己満足を見せられてるだけだから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)といった、かなり手厳しい意見もありました。もしサプライズを企画する場合には、「誰のための企画なのか」を忘れず、節度を持って楽しむのがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数133件。22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]