お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

えーと、あなた彼氏じゃないよね……? 厄介な勘ちがい男子の特徴4選

ファナティック

男性と話していて「あれ? この人勘ちがいしている?」と思ったことや「いやいや、あなたのことじゃありませんよ!」と言いたくなってしまったことはありませんか? 今回は、働く女性に厄介な勘ちがい男性のエピソードを教えてもらいました。

■社交辞令が通じない

・「仕事の関係で取引先に行くのにご飯に誘ったのに、後日別件で水族館に誘われたとき。お前と行きたいのではない」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「社交辞令でご飯に行きましょうと言ったのに、本気にされ、何度も断っているのにめげずに食事に誘ってくる男性がいた」(28歳/不動産/販売職・サービス系)

日本の社会で多用される社交辞令は、相手との関係を円滑にするためのツールです。とはいえ、中にはそれが通じない人もいるようで……。問題をややこしくしないためには、「多人数」で乗り切るのがオススメですよ。

■自意識過剰

・「理想の男性を聞かれて、『わかるわかる』と同意された。お前じゃないし」(27歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「どんな人が好きなの? と言われて、5個くらいタイプを挙げたときに『俺じゃん!』と言ってきたとき」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

かなりのポジティブシンキングですが、聞かされる女子にとっては「唖然」の一言だと言えそうです。ハッキリと否定した方がいいのかどうか……かなり迷ってしまいます!

■彼氏気取り

・「朝おはようから晩のおやすみまで、LINEをしてくる男。彼氏気取りかと思うから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「私の交友関係にいちいち口を挟んでくる男性がいた。その人は私の彼氏じゃないし、親でもないのに」(32歳/自動車関連/技術職)

さらに状況は進展して、まさに「彼氏気取り」な態度で女子を困惑させる人も。ここまできたら、迷っている暇はありません。「そういうつもりじゃないんで」という事実を、淡々と伝えたほうがよいかもしれません。

■ボディタッチ多め

・「無駄にボディタッチしてくる男性。イケメンならよし」(22歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ボディタッチが異常に多いこと。頭ポンポンを雑誌の受け売りでしてくる」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

異性へのボディタッチで心理的な距離が近づくと言われていますが、相手によりますよね。何かの受け売りで頭ポンポンしてくる男性もいるようです。

■まとめ

「あなたじゃない」と言いたくなってしまう勘ちがい。率直に伝えるべきなのか、それとも黙って微笑んでおくべきなのか……。迷うことも多いかと思いますが、自分の状況も判断した上で、臨機応変に対応できるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数133件。22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]