お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性が本音暴露! 妥協して彼女と付き合ったけど、「やっぱり無理!」と思ったこと3選

ファナティック

100%自分の理想通りの人と付き合いたいとは思うものの、そういう人を待っていては恋人もできない。となれば、多少の妥協は仕方ないと思うことも。でも、付き合っているうちに妥協したことを後悔してしまうこともありそうです。今回は、妥協して付き合ったけれど、やっぱり無理だと思った経験について男性たちに聞いてみました。

 

■人として嫌になった

・「だらしない人。遅刻したり、片付けができないなど人として嫌だなと思った」(30歳/電機/技術職)

・「行儀や言葉遣いが悪いと感じたとき」(38歳/学校・教育関連/その他)

・「勝手にカードを使われて、多額の借金をされていた」(35歳/学校・教育関連/経営・コンサルタント系)

付き合う前は気づかなかったけれど想像以上にだらしない一面があったり、行儀の悪さを感じたりすると「もう無理!」だと思ってしまうことも。人として許せないような部分があると、いくら他の部分で妥協したとはいえこれ以上付き合っていけそうにはありませんよね。

■話が合わない

・「会話が盛り上がらない。価値観が違う。ファンシーなグッズが好きなのがイヤ」(35歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「サブカル好きの女性。やっぱり、だんだん話が合わなくなる。興味が無いことを何時間も聞くのは疲れる。趣味が合うことも大事かもしれない」(32歳/農林・水産/技術職)

・「やっぱり性格の不一致。歳が離れすぎているとか、趣味が合わなさ過ぎるとか、外見よりも一緒に居る上で苦痛になると」(31歳/医療・福祉/専門職)

最初は自分と違う価値観を持った彼女のことを面白いと思えたけれど、あまりにも合わなさすぎると会話も続かないし、一緒にいるだけでも疲れてしまう。お互いに歩み寄れる部分は歩み寄るにしても、正反対の性格や価値観ではケンカするどころか付き合っていることを苦痛に感じそうです。

■結局、好きになれなかった

・「彼女が長期間いなくて、ちょっとかわいいな〜程度で付き合ってみたものの、やはり好きになれず、些細なことで冷めたから」(30歳/商社・卸/営業職)

・「そこまで好きでないので冷めた」(33歳/自動車関連/技術職)

・「細かいことが気になってしまった」(35歳/アパレル・繊維/営業職)

付き合い始めれば彼女の良い部分が見えてきて好きになれるかもしれない。最初は、かわいいからとか、この子でも良いかなと軽い気持ちで付き合ってみて、気持ちが変わるのを待つはずが結局は好きになれなかったという男性も。そうなるとほんの些細なことでも相手のことを嫌いになるのは簡単かもしれませんね。

■まとめ

妥協して付き合った結果、上手くいくカップルもいるかもしれませんが妥協したことを後悔するパターンも少なくないようです。愛情でなくても「情」がわいてくれば少しは良い関係が続くのかもしれませんが、最初に妥協したという気持ちがあるとそれも難しいのかも。理想を追い求めすぎてもダメですが、自分にとっての譲れない部分まで妥協してしまうと後悔する羽目になりそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]