お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

それ、元カレの……? 男性に聞いた「彼女の部屋にあったらイヤな物」4選

ファナティック

女性が部屋に男性を呼ぶというのは、2人の距離をもっと縮めたいと思っている合図でもありますよね。でも、うっかり部屋にとんでもないものが置いてあると、距離が縮まるどころか男性をドン引きさせてしまうことが……。そこで今回は、女性の部屋にあったらドン引きするものについて男性たちにこっそり聞いてみました。

■自己啓発本や結婚関連雑誌

・「自己啓発本。なんか嫌」(34歳/情報・IT/技術職)

・「結婚関連の雑誌が付き合いたてのころにあると、必死さが伝わって引く」(32歳/情報・IT/技術職)

どんな本を読んでいるのかで、その人の価値観や考え方を探ることもできますよね。彼女の部屋に意識の高すぎる自己啓発本や、必死さが伝わる結婚関連雑誌などが置いてあると、自分にも面倒なことを押しつけられそうな気がするのか、「嫌だな」と思う男性も。男性を部屋に呼ぶときには、本棚のチェックも欠かさず行ったほうがよさそうです。

■ほかの男性の影が見えるもの

・「前の彼氏の写真」(36歳/医療・福祉/専門職)

・「ほかの男の下着。浮気しているのかと思ってしまう」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「明らかに前の男からもらったプレゼント。未練あるのかなと、思う」(24歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

彼氏を部屋に呼ぶときには、元カレの影は完全に消しておかないと余計な詮索をされそう。まったく未練がなくても、彼にもらったのだろうと思わせるようなグッズは隠しておくのが正解。物に罪はないとはいえ、それを見てしまうと男性としてはガッカリしてしまうようです。

■芸能人のポスター

・「男性アイドルのポスターやグッズ。アイドルの追っかけをしている女性は好きではないから」(39歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「ヘビメタのポスター。ちょっと趣味が合わなくて」(24歳/その他/その他)

彼女の趣味は尊重したいけれど、あまりにも自分とかけ離れていたり、ちょっとオタクっぽい趣味だったりするとドン引きしてしまうという男性も。アイドルやヘビメタが苦手という男性は多そうなので、いつも置いてあるグッズもこっそりとクローゼットにしまっておいたほうが無難かもしれませんね。

■汚れた食器やゴミ

・「食べかけのものや、汚れつきの食器」(29歳/運輸・倉庫/営業職)

・「捨てずに溜まったゴミ。ゴミくらいはしっかり出してほしい」(28歳/医療・福祉/専門職)

女性の部屋はキレイなものという思い込みがある男性は少なくなさそうだし、部屋を清潔に保つというのは生活の基本。ゴミが大量に積み上げられていたり、汚れた食器が放置してあったりすると、だらしない生活をしているのだなと思われて、マイナスイメージを持たれてしまいそうです。

<まとめ>

自分の趣味に合わないものが置いてあると「何かちがう」と違和感を覚える男性は多いようですね。人それぞれ、好きなものがあるとはわかっていても、男性には受け入れがたいものも少なくはなさそう。プライベートな空間を自分の好きなように飾るのは、決して悪いことではありませんが、人を呼ぶときには「部屋=自分」という意識を持つことも大事かも。そう考えると汚れた部屋や元カレの影が見える部屋に今の彼を呼ぶことなんてできませんよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月6日〜2016年5月11日
調査人数:395人(22〜39歳の男性)

お役立ち情報[PR]