お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 節約・貯金

「お金が貯まらない女性」を卒業する方法まとめ

フォルサ

がんばってやりくりしているつもりでも、給料日前はいつもピンチ。なぜかお金が貯まらないなんて人は多いのではないでしょうか。でも、自分では気づいていないだけで、もしかしたら「浪費体質」なのかもしれません。「貯めたい・貯まらない・でも貯めたい」と毎月繰り返しているなら、どうしたらこの状況を脱出できるのか、考えてみましょう。

■貯まらない原因、どこに浪費しているかを考えよう

●心理テストで浪費度をチェック

まずは、心理テストで浪費度をチェック! 自分では、ムダ遣いはしないと思っていても、心の奥底ではお金を使いたいという思いを抱えている可能性もあります。

⇒記事を詳しく読む:あなたは貯められない女? 「浪費家女子度」診断

●コンビニに寄っていませんか?

毎日、ついついコンビニに寄ってしまっていませんか? 「お金使いが荒い人の特徴」を尋ねたアンケート結果では、

「すぐにコンビニに寄る」
「クレジットカードを財布代わりにしている」

といった特徴が挙げられています。

⇒記事を詳しく読む:浪費家あるある! 女子に聞いた「金遣いが荒い人」の特徴

●ATMの手数料気にしてますか?

30代女子に聞いた「金遣いが荒い女子」のアンケートでも、

「値札を見ずに買い物」
「定価で買う」
「ボーナス払いをする」
「手数料を気にせず、お金が足りなくなったらいつでもATMでお金をおろす」といった声が。

⇒記事を詳しく読む:絶対マネしちゃダメ! 30代女子に聞いた「金遣いが荒い女子」の特徴4つ

●高額な買い物に無頓着になっていませんか?

また、高額な買い物に無頓着になっていませんか?「年に1度着るかわからない着物に何十万円も使う」「ほとんど使わないのに高いスペックのパソコンを買う」などの声も寄せられています。

⇒記事を詳しく読む:他人は見て見ぬふり!? でも無駄な「あなたのお金遣い」は?

■浪費以外に考えられる貯まらない原因

これまでは、ムダ遣いをしがちな人の特徴や、ムダ遣いにつながるお金の使い方について見てきました。「でもどれにも当てはまらないわ」という人もいるのではないでしょうか。他にもお金が貯まらない原因があるのかもしれません。

●固定費が高すぎるのでは?

「ブランド品も興味ないし、洋服にはお金をかけてない。でもお金が貯まらないのはなぜ?」という人もいるはず。では家賃や携帯代などの固定費はどうでしょうか?自分の収入に見合っていない額を支払っている場合も多いようです。

⇒記事を詳しく読む:すでに今月もピンチ!? お金が貯まらない理由と注意ポイント4つ

●安すぎるお財布がお金を遠ざける?

お財布の値段は、金運を左右するという説もあるようです。お金がたまらなそうな財布は、どのくらいの値段か尋ねたアンケートでは、1位は「0~1,000円」でした。2位は「50,001円以上」で、安すぎても高すぎてもお金は貯まらないと感じるようです。

⇒記事を詳しく読む:お金がたまらなそうな財布の値段「1位 1,000円以下」

●男性の下着を触っている?

また、消費者心理学の研究によると、「男性の下着を触った女性はその後お金の浪費をしやすい」ということも明らかになっています。同棲中や結婚している女子は生活の場で男性の下着に触れる機会が多いですよね。注意が必要かも!?

⇒記事を詳しく読む:彼の下着は触らないで!「男性の下着を触ると浪費する」

●お財布の中のカード枚数は?

お財布の中に入っているカードの枚数はどうでしょうか? 「風水では8枚までがいいらしい」といった情報により、8枚までにしている人もいます。

⇒記事を詳しく読む:【女子感覚】財布の中に入っているカードの枚数「6~10枚 31.8%」→「風水的に8枚までがいい」(29歳)

■「貯まる女性」になる思考法

では、どうしたら「なぜかお金が貯まらない」状態から卒業できるのでしょうか。どのような行動や考え方をすることによって、お金が貯まるようになるのか調べてみました。

●クレジットカードをやめてみる

買い物の際に、思い切ってクレジットカードを使うのをやめるという方法も。現金払いかデビットカード払いにすることで「足りないからカード払い」という手段ができなくなります。

⇒記事を詳しく読む:このまま行くと貯蓄250万円がゼロに!? 買い物下手を脱出する方法とは

●給与明細を読み解こう

毎月のお給料とともに手渡される「給与明細」。これに貯蓄アップのヒントがあるようです。

⇒記事を詳しく読む:貯蓄体質になるために!「給与明細」読解のススメ

●自分に合った貯蓄スタイルを見つけよう

自分だけの貯蓄方法を見つけ出すことも大きなポイント。投資や保険を併用しするという方法から、「使わなかった分だけ貯金」というゆる貯蓄派まで、貯蓄のスタイルはさまざま。

⇒記事を詳しく読む:ムリなくお金を貯めるコツがある!? あなたなりの貯蓄方法は?

●お金の名言を知ろう

お金に関する名言は、お金への考え方を改めてくれるようです。「お金が好き、なんて言うとガツガツした印象を与えてしまうのでは……?」と思っていませんか? お金持ちの人は「お金は大事、お金が好き」と公言しているという情報も…。

⇒記事を詳しく読む:ガツンと来た!お金の名言「お金を好きにならないと、お金からも好かれない」「お金は使い切るもの」

■「貯まる女性」になる行動

お金に対する心がけを変えたら、実際に行動に移してみましょう。といっても、難しいことではありません。買い物のときや銀行でお金を引き出すときなど、誰にでも気軽に始められるものばかりです。

●衝動買いの防ぐ

衝動買いを防ぐために、買い物のときに、何を買うのかしっかり把握しておくことも大事です。「買い物メモを持ち歩く」「迷ったら買わない」「上限を決めて買い物する」といった、一見当たり前のようなことが有効なようです。

⇒記事を詳しく読む:目指せ、貯金1,000万円! お金の無駄遣いや衝動買いを止める方法4つ!

●財布を使い分けよう

財布を使い分けることで、家計簿をつけなくても、何にいくら使ったか把握しやすくなります。まずお金の動きをつかみ、何にお金を使っているのか理解することも大切です。

⇒記事を詳しく読む:家計簿は財布で管理! 財布の使い分けでの賢い女性の節約術とは?

●うっかり出費を抑えよう

銀行ATM、時間外手数料も回数を重ねるとかなりの金額になります。生活費を引き出す日を決めておけば、余分な手数料も払わずにすむ上、引き出した額だけでやりくりしようという気持ちが生まれます。

⇒記事を詳しく読む:貯まる女子が実践! ウッカリ出費を防ぐATM&クレカ活用術

●縁起物を置こう

お金が貯まる縁起物を使うと、より貯蓄に対する心構えが変わるかも。「カエルの置物を置いたら、知らぬ間にお金がたまっていた」「おみくじを財布に入れていると、ムダ遣いが防げる気がする」といった声も寄せられています。

⇒記事を詳しく読む:お金の貯まるみんなの持ってる縁起物教えて!「カエルの置物。知らぬ間にお金がたまっていた」「100万円の帯封」

●貯め上手にコツを聞こう

年間100万以上貯めた女性に、実際にどのような方法で貯蓄をしたのか尋ねてみました。みなさん、「毎月5万+ボーナスを貯金」「計画的に用途分け」といった方法でコツコツ貯めているようです。

⇒記事を詳しく読む:年間100万以上貯めた女子の共通点「毎月5万+ボーナスを貯金」「計画的に用途分け」

●家計簿をつける

また、家計簿をつける、といった基本的なことが効果的という声も。「必要ないものは買っていないかチェックできる」といったメリットもあります。

⇒記事を詳しく読む:コレは真似するべき! 働く女子が実践している簡単なお金の管理・貯金方法4選!

●夫婦のお金の管理の仕方を変えよう

結婚を考えている人は、夫婦のお金の管理について、今から考えておくといいかもしれません。

⇒記事を詳しく読む:結婚後も“夫婦別財布”で大丈夫? 夫婦のお金の管理について

■まとめ

ムダ遣いの自覚はなくても、「コンビニについつい寄ってしまう」「テレビを1日つけっぱなし」という人は多いのではないでしょうか? 行動をひとつ改めることで、貯蓄に対する考え方も変わってきます。まずは、つけっぱなしのテレビやパソコンの電源をオフにすることからはじめてみませんか?

(松原圭子/フォルサ)

お役立ち情報[PR]