お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

恥ずかしいからやめて! 心底引いた今彼のクセやフェチ・4選 

ファナティック

彼との付き合いが長くなってくると、お互いの信頼も深まってくるものですが、その一方で、どうしても受け入れがたい部分というのも見え隠れしてきますよね。それこそ付き合う延長線上に「結婚」があるなら、一生向き合っていかなければならないことに。そこで今回は働く女性のみなさんに、まだ許容できるけど「今彼のココは本気でイヤ!」と思う癖やフェチについて、いろいろ聞いてみました。

■不潔なところ

・「トイレのあと、手を洗わない。言うと洗うけど、気になるから」(31歳/情報・IT/技術職)

・「よく鼻をかくこと。どう見てもほじっているし、不潔だからやめてほしい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「紙をツバでめくる。汚いのでやめてほしい」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

一緒にいて不潔な部分を見てしまうと、最初は驚いてしまうものですよね。本当はやめてほしいと思っていても、なかなか口に出して言うのは勇気がいるものです。

■みっともないところ

・「口をぽかんと開けていること。みっともないので注意するがなかなか直らない」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「前歯が欠けて治療してないから見苦しい」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「服のセンスが変」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

社会人として立派に生活している大人なら、できれば身だしなみもキチンとしてほしいと思ってしまいます。外見だけで人を判断してはいけないとわかっているけれど、最低限のマナーとして気を付けてほしいですよね。

■触ったりなめたりしてくるところ

・「やたらと胸を触ってくる。あんまり触られると、自分の身体が安物みたいに思えてくるから」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「とにかく、いつも背中を触りたがる。それが不満」(34歳/建設・土木/事務系専門職)

・「鼻をなめてくる。愛情表現なのかもしれないけど、汚い気がしてイヤだから」(30歳/情報・IT/技術職)

彼女のことが好きすぎてなのか、それともただの癖なのか、常に体を触ってこられると、さすがにイラッとしてしまいますよね。愛情表現の方法は、それ以外にもたくさんあるはずですから、できれば彼にはほかの方法でお願いしたいですね。

■甘えてくるところ

・「甘えてくること」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「耳かきをおねだりしてくること。面倒だし、人の耳掃除は難しいから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「赤ちゃん言葉」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

常に甘えてこられると、さすがにウンザリしてしまうようです。彼のほうは、彼女だからと思って甘えているのかもしれませんが、極端に甘えられてばかりでは、彼女のほうも困ってしまいそう。逆に「こっちが甘えたいよ!」って気にもなりそうですよね。

■まとめ

許せない!というほどまではいかなくとも、そろそろやめてくれないかな……と思う癖を持っている彼氏もいるようですね。でも、彼女の前だからこそ見せられる一面なのかも。もし今彼と結婚するとしいたら、一生付き合うことになる癖やフェチ、できれば改善してもらえるようにお願いしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月26日~5月18日
調査人数:139人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]