お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

当てはまらなかったら彼女候補圏外! 男性が考える「清潔感のある女子」の特徴6つ!

ファナティック

仕事でもプライベートでも、相手に好感を持ってほしいときには「清潔感」を意識したいものです。「清潔感」という言葉は知っていても、具体的にどう行動すればそれを演出できるのか……。意外と難しい問題ですよね。そこで今回は、男性のみなさんに「清潔感のある女子の特徴」について語っていただきました。

■肌

・「白い肌の女性は清潔に見えます。色の白いのは七難隠す、と同じことだと思いますね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「肌がくすんでいなく、美白の肌を持ち、服装もシンプルで似合っている」(37歳/金融・証券/営業職)

女子の清潔感に重要な役割を果たすのがお肌です。中でも人気が高いのは、美白肌! ファンデーションを使う場合には、塗りすぎにご注意を。

■髪

・「黒髪で手入れがされている。カラーリングしているとそれだけで清潔感がうすれる」(36歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)
・「髪の毛がフワフワサラサラ。髪の毛がぺたっとしていたり、油っぽいと清潔感はないと感じる」(30歳/学校・教育関連/その他)

肌が白なら、髪は黒。もちろん、手入れが行き届いているのが基本です! 言葉で言うほど簡単なことではありませんが……だからこそ価値が高いものなのしれませんね。

■ファッション

・「白い服がよく似合っていて、その白がくたびれていない発色と質感を保っている。街で『あの人キレイ』と思っても、すれ違い様、肘が毛羽立っていたり、よれていたりしてる服だとガッカリする」(38歳/その他/技術職)
・「身に着けている洋服にシワが寄っておらず、アイロンがけがきちんとされている。ブランド物を着用していても、シワだらけだと不潔に見えるから」(35歳/建設・土木/技術職)

清潔感を求めて「白」を着るなら、その質感にまでこだわった方が良さそうです。これからの季節には大活躍だからこそ……厳しい目線でチェックしてみて。

■言葉遣い

・「見た目以上に言葉の使い方などが重要。どんなにキレイな容姿でも言葉の使い方で台無しになる」(36歳/小売店/販売職・サービス系)
・「言葉遣いがていねい。上品さは清潔感につながると思う」(37歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

言葉遣いが清潔感にも影響するなんて!?と驚く方も多いかもしれませんが、男性目線は非常にシビア。これを機に、自分の言葉遣いについて見直してみるのもいいですね。

■匂い

・「いい香りがする。どんなにキレイでも香りが好みでないと嫌ですからね」(31歳/情報・IT/技術職)
・「髪からいい匂いがする。シャンプーやリンスにこだわっていそう」(33歳/医療・福祉/専門職)

意外と敏感な「嗅覚」から、女子の清潔感を判断する方もいるよう。ただし、香水や柔軟剤の使いすぎは禁物ですよね。「近くに寄ったときにふわっと香る」くらいを目安にするのがオススメですよ。

■身の回りも大事!

・「デスクがキレイ。汚いと片付けられない人というイメージだから」(30歳/その他/事務系専門職)
・「部屋の掃除をきちんとしている。部屋がキレイだとちゃんと家事をしていそう」(36歳/建設・土木/技術職)

髪のこと、肌のこと、ファッションのこと……自分を着飾ることだけに夢中になっていませんか? 自分の周辺環境だって重要なポイント。視野は広く持ちたいものです。

■まとめ

清潔感を出したいなら、白い肌と黒髪、そしてきちんと手入れされたファッションが基本! プラスアルファで、言葉遣いや身の回りの整理整頓にまで気を配れたら完璧ですね。今回のアンケートで「ヤバ……!」と思ってしまった方は、ぜひ一つ一つ問題を解決していくのがオススメですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数105件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]