お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

うらやましい……同性に嫉妬するポイントは男女でちがう?

ファナティック

悔しい同性の友人や同僚が仕事で活躍していたり、はたまた結婚して幸せな様子を報告してきたりなどすると、思わず嫉妬してしまうことってありますよね。今回は男性と女性それぞれに同性の人に対して思わず嫉妬してしまうのはどんなときか、聞いてみました。

■女性の場合

・「同僚の男性社員から、チヤホヤされているとき」(34歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「ものすごく幸せそうな結婚生活を聞かされたとき」(31歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分より給料がよかったとき」(29歳女性/ソフトウェア/技術職)

・「あきらかに自分より仕事ができないのに評価されてるのを見たとき」(31歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「とにかく毎日が充実していて、環境にも恵まれているときはうらやましい」(28歳女性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「自分のできないことをしている人を見たとき。海外留学など」(30歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

特に自分の仕事やプライベートが思うように言っていないときなどは、他人のことがどうしてもうらやましく思えてしまうものです。結婚や彼氏ができた報告を聞いたり、SNSなどで充実した生活を送っていることをうかがい知ると、嫉妬してしまうという女性は多いようです。

■男性の場合

・「上司や先輩からかわいがられているとき」(33歳男性/運輸・倉庫/その他)

・「仕事ができたり、まわりに人が集まっていたりするとき」(30歳男性/学校・教育関連/その他)

・「才能のある人が、その才能を発揮しているとき」(38歳男性/情報・IT/クリエイティブ職)

・「自分と得意なことが同じ人に、その得意なことで負けたとき」(36歳男性/情報・IT/技術職)

・「かわいい彼女ができたとき」(31歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

自分の理想の彼女を連れたいることや、自分よりもモテることに嫉妬をするという意見も見られましたが、それ以上に男性は仕事上のことやスキル的な面で嫉妬をする傾向にあるよう。自分よりもキャリアを積んでいったり、年収がいい人、上司にかわいがられている人を見ると嫉妬をしてしまうという意見が多く見られました。

■まとめ

自分はあくまで自分だということはわかっていても、他人が自分の憧れる場所に立っていると嫉妬をしてしまいますよね。そしてそうやって嫉妬をしている自分が嫌になったりもします。それをただの嫉妬として恨めしく見るのではなく嫉妬を糧とし、いい刺激としてとらえることで、自分自身を磨き上げていきたいものです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数240件。22歳~38歳の社会人男性・女性)

お役立ち情報[PR]