お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

えこひいきしちゃいます! 男子が「本命」だけにする気づかい4つ

ファナティック

本命だからこそやってしまう「特別扱い」、誰しも一度はやってしまったことがあるのではないでしょうか。男性は本命女性に対して、どんな特別扱いをしているの? 社会人男性に「本命女性にだけする気づかい」について聞いてみました。

■相手の体調や気持ちを最優先で考える

・「できるだけ相手のことを考えて行動する。家事を手伝う、食べたいものを作ってあげる、行きたいとこに連れてってあげるなど」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「体調や気分を伺う。相手の気持ちを拾う気づかいをする」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「相手の気持ちをいちいち確認する」(33歳/学校・教育関連/専門職)

何も言っていないのに心配してくれたり、体調を気づかってくれたりする男性がいるなら、その男性の「本命」な可能性が。男性は大事にしたい女性は細かな点まで観察し、気づかいする癖があるのだとか。身近にいて何かとやさしくしてくれる男性は、要チェックです。

■マメにコミュニケーションをとる

・「メールのレスポンスを素早くして気にかけていることをアピールする」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「何かと話しかけたり構ったりする。寂しそうにしてたらすぐに声をかけたりする」(36歳/情報・IT/技術職)

・「ことあるごとに声をかけ、意識をしていることをさりげなくアピールする」(38歳/金融・証券/営業職)

よく声かけをしてくれたり、メールの頻度が多い男性も「本命として見られている」可能性が高いとか。何気ないことでも毎日連絡してくれる男性がいるなら、「彼氏候補」としてチェックしておいたほうがいいかもしれませんね。

■慎重な発言を心がける

・「どんなくだらないことも絶対バカにしない。冗談でも雑に扱わない」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「一言一言気をつけて発言する」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

大事だと思う女性は、自分のささいな一言で傷つけないように、細心の注意を払って言葉を選ぶのだとか。逆に無神経な発言が多い男性は、「脈ナシ」だと考えたほうがいい!? こういうところで男性の「やさしさや気づかい」が、よくわかりますよね。

■紳士な態度を心がける

・「レディーファーストを心掛ける」(32歳/金融・証券/営業職)

・「エスコートする」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

普段やり慣れていない紳士なしぐさも、本命女性の前となると自然に出てくるのが男性。何も言わなくても扉を開けてくれたり、重い荷物を持ってくれたりするのは「脈アリ」の証拠かもしれませんね。確かにこれをされたら意識してしまいそう!

■まとめ

本命だと思う異性の前では、普段通りの姿ではなくちょっと背伸びしたくなるもの。これは男性も同じようで、本命女性の前では「カッコよくてやさしいところ」を見せたくなってしまうよう。もしも身近にこんな男性がいるなら、彼氏候補に検討してみるといいかも!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数101件。22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]