お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

男心を揺さぶる! 好きな人にだけ送る「脈アリ」サイン4つ

ファナティック

気になる男性や好きな男性がいると、その人だけには特別な態度をとってしまうことってありますよね。誰にでもわかるような態度ではなく、意中の男性にだけわかるような「サイン」がある、という人もいるのでは? そこで今回は、女性のみなさんに好きな男性にだけ送る「脈アリのサイン」について聞いてみました。

■じっと見つめる

・「目をじっと見る。ドキッとしやすいから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「会話しているときに目をじっと見る。言葉で言わなくても『好意を持ってますよ』ということを目で伝える」(31歳/情報・IT/営業職)

・「目をなるべくそらさず、見つめて話をする」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

自分の気持ちを伝えたいときは、相手の目をじっと見つめるのがわかりやすいかも。目は口ほどに物を言う、とも言いますので、恥ずかしがらずにチャレンジしてみてもいいのかも!

■食事・デートに自分から誘う

・「今度一緒に飲みに行きたい、とそれとなく伝える」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「『飲みに行こう!』という社交辞令はなしにして、『いつ行く?』と聞くようにする」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「デートに誘う」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

わかりやすく好意を示すには、自分からデートのお誘いをするのがたしかに手っ取り早いかも。いくら鈍感な相手でも、さすがに気づいてくれそうですよね。

■話しかける

・「自分から話しかけたり、お菓子をあげたりする」(34歳/金融・証券/専門職)

・「用事がなくても話しかける」(23歳/その他/その他)

・「話しかけるだとか小さなものでも、こちらから接触を持とうとする」(22歳/建設・土木/技術職)

ほかの人よりもしゃべりかける機会を多くすると、自然と仲よくなってくるもの。苦手な人にわざわざ話しかける……なんて人はいないですし、積極的に話しかけてくれる女性に対して、悪い気はしないはず。

■メール・LINEの対応にこだわり

・「ちゃんとすぐにLINEを返信する。好きじゃなかったらLINEを無視するので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「ハートをつけたメールをする」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

メールやLINEのやりとりをしているときにも、早めに返信することを心がけたり、文面にひと工夫して「脈アリ」のサインを送っている女性も。たしかに、ハートの絵文字やスタンプはその気のない人にはなかなか使わないですよね。

<まとめ>

好きな男性には、できれば自分の気持ちを早く気づいてほしいもの。そのためにも、いろいろ気持ちを伝える工夫はしたいものですね。遠くからただ見つめているだけでは、気づいてもらえません! ぜひ、積極的に「脈アリサイン」を送ってみて!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時;2016年4月15日〜18日
調査人数:123人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]