お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

仕事以外も全力でやりたい女子たちへ 「職場を要領よく生き抜くためのテク」

ファナティック

生活をしていくために仕事をするのは当然とは思うものの、生活の全てを仕事のために犠牲にするのはもったいないですよね。仕事もプライベートも充実させることは、人生を楽しむためにも大切なこと。今回は、仕事以外も充実させるためには、職場でどんな風に振る舞えば良いのかを働く女性たちに聞いてみました。

周囲とコミュニケーションを取る

・「余計な事には首を突っ込まない。断る勇気を持つ。日頃から人間関係を良好にし、協力者を作る」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「最初が肝心なので、自分の意見は遠慮せずに伝える」(23歳/学校・教育関連/専門職)

・「何でも自分で抱え込まず、頼めることは周囲にも頼ること」(28歳/医療・福祉/専門職)

職場の人間関係が上手くいっていないとそれがストレスになって、プライベートに悪影響を与えることも。周りの人と上手くコミュニケーションを取って、お互いに助け合えたり、言いたいことが言い合える良好な関係を作っておけば自分の時間もしっかりと確保できそうです。

スケジュール通りに仕事をこなす

・「書類は常に次の人に引き継ぎできる状態にしておくと、ちょっとした隙間の時間で他のスタッフに教えることができる。教えた後は自分の仕事が減るので、定時で退社しやすくなる」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「要領よく時間内に仕事をこなすために、自分なりのタイムスケジュールや優先順位を前日や朝のうちに頭の中で組み立てておく」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「日頃しっかりと仕事をして、休みたいときに休めるように計画性を持って仕事をする」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

計画性を持って仕事を進めることで、ムダな残業をしなくても良いようにするというのも、プライベートを大切にしたい人にとっては大事ですね。時間内で仕事を終わらせるために計画を立てることで、仕事の全体像も描けて効率良く仕事を進めることができるので、周囲の人からも高評価を得られそうですね。

職場での信頼を得る

・「筋を通す事。わがままを聞いてもらうにはそれ相応の態度を示す。人が嫌がる仕事は率先してやる。いくら仕事ができても威張らない」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「嫌な仕事も引き受ける。わからない事があるとまず調べる。そして先輩、上司に報告し、調べた事が正しいか確認する。調べてきてと言われても『はい』しか言わず行動に移せないやつは信用がなくなる」(25歳/医療・福祉/その他)

・「わからない事は聞く事が第一。 しかし、快く教えてもらうためには日頃から一歩先を見て動き、気の利く子と思ってもらえるようにし、先輩がやりやすいようにサポートしておく事が大切である」(26歳/学校・教育関連/専門職)

どんな仕事も嫌がらず引き受けてくれて、きっちりこなしてくれる。職場で信頼を得ることで多少のわがままも通してもらえるような環境を作ることが大切だという女性も。自分の仕事が増えてしまって大変になることもありそうですが、それをやり通すことで信頼関係も生まれそうです。

まとめ

職場で要領よく立ち回るには、自分の仕事を淡々とこなすだけでなく周囲の人と上手くコミュニケーションを取りながら居心地の良い必要になるようですね。上司や先輩から「いつも頑張ってくれているから」という評価を受けていれば、残業を断ったり、有休を取ったりといったときにも融通を利かせることができそう。いつもわがままを通すのではなく、ギブ&テイクの気持ちを忘れないことがプライベートを充実させるコツかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数406件(22~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]