お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ナルシストな男性と付き合ったときのエピソード・4つ

ファナティック

自分のことが大好きで、常に自分が一番と思っているナルシストな男性、あなたのまわりにはいませんか? まわりからするとそれほどでもないのに、なぜか自分に対して絶対の自信を持っていますよね。そんなナルシストな男性と付き合ったときのエピソードについて、社会人女性のみなさんから教えてもらいました!

髪型チェックは欠かさない

・「エスカレーターに乗ると必ず横の鏡を見て髪を整えるのに萎えてしまった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「風が強い日に、スタイリングばかり気にしてあまり私のことを見ていなかった」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「髪型をいつも気にする人がいた。ガラスにうつる自分をチェックする頻度が高く、ちょっと嫌になった」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

多かったのは「常に鏡を見て髪型チェック」というエピソードでした。ナルシストの人は外見を異常に気にするので、ちょっと風が吹いただけでも髪型をチェックしますよね。大して変わらないのに……と思ってしまいます。

自慢話ばかり

・「自分の自慢ばかりをして人の話を聞こうとしないから」(28歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「経験人数を自慢げに話したりする人がいて、みんな興味を持っていると思っているんだろうなと思った」(32歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「俺はモテたと、元カノと撮ったプリ見せられて笑った」(24歳/商社・卸/事務系専門職)

「自慢話ばかりする」というエピソードも多くありました。経験人数などを自慢されても、興味がないのでどう対応していいか困ってしまいます。元カノと撮ったプリクラを見せられて自慢されても、笑うしかないですよね。

必死のアピール

・「ジムで鍛えた体をやたら披露したがる。こっちは別に何とも思ってないのに……」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「自分しか見ていない。写真も自分が変な写りでない限りまわりが変であっても採用したりする」(31歳/情報・IT/技術職)

・「いつも、どう? 俺どう? って聞かれてうんざりする」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

「鍛えた体をアピール」など、とにかく「俺ってスゴイだろ!」とアピールしてくるというエピソードもありました。写真は自分の写り具合が基準だったり、いつも「どう? 俺どう?」って聞かれるのは、さすがにちょっとうっとうしいかも……。

女子ですか?

・「服を決めるのに時間がかかりデートに毎回30分以上遅刻する彼がいた」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「日焼け防止にうるさく、デート中も日陰ばかり歩いてウンザリした」(25歳/医療・福祉/専門職)

ほかには「服を決めるのに時間がかかる」や「日焼け防止にうるさい」といった女子力高めのエピソードも。オシャレするのはいいですが遅刻していたら意味がないし、日焼け防止のために日陰ばかり歩かされるのもやりすぎのような気がしますよね。

まとめ

ナルシストな男性と付き合ったときのエピソードとして、定番の髪型チェックから日焼け防止にうるさいなど、いろいろなものがありました。中には「実は女性なのでは?」と思ってしまうようなエピソードもあり、ナルシストな男性と付き合うのはいろいろと苦労がありそうです。できれば付き合う前に、ナルシストかどうかを見わけたいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月17日~3月29日
調査人数:168人(22歳~34歳の社会人女性)

※この記事は2016年04月26日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE