お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

私の気持ちに気づいて……! 女子が本命男性に送るサイン4選

ファナティック

気になる男性や好きな男性がいる場合、自分からアプローチする女性もいるでしょうが、相手から告白をしてくれないかな……と思うこともしばしば。「これだけサインを送ってるのだからいい加減気づいてよ!」とやきもきしている女性もいるかもしれないですね。今回は、働く女性に「本命男性に送るサイン」について聞きました。

2人きりになろうとする!

・「2人だけの時間を作りたいと提案する」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「飲みに行こうと直接誘いに行く」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「休日の予定を聞く」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

例えばパーティーを2人で抜け出すなんて、ロマンチックなシチュエーションですよね。特別な興味があれば、相手と2人きりになりたくなるのは、自然なことではないでしょうか。女性のほうから2人きりになろうと誘うのは、人によっては本命のサインかもしれませんね。

ずっとつながろうとする!

・「LINEは自分で終わらせない」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「LINEを途切れさせない。寝たふりをして翌朝返す」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「会う頻度を増やしたり、メールやLINEを多くして接点を増やそうとする」(29歳/機械・精密機器/技術職)

LINEも自分の気持ちを伝える大事なツール。ラリーをなるべく続けさせようとしたり、自分で終わらせないようにしたりするなどいろいろ工夫しているようです。

大胆! 相手の手を……

・「手をつなぐ」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「相手の手を握るのは本命の人に対してだけ、怖いことがあったときは別だけど」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「握手をして肌のふれあいを積極的にする」(30歳/食品・飲料/経営・コンサルタント系)

本命ということを伝えるために、男性の手をとる女性もいるようです。言葉では好意を伝えられなさそうなときは、大胆になることも大切ですよね。

ひたすら話を聞く!

・「相手の話は興味があまりないものでも、掘り下げて話ができるような相づちを打ってしまう」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「ていねいに受け答えをし、あなたといると楽しいと言う」(32歳/不動産/事務系専門職)

・「○○君は、どうこうだよね~と、だいぶ前に聞いた相手の話をちゃんと覚えてますよアピール」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

相手の話をていねいに聞く“聞き上手”の女性も。自分の話を興味深く聞いてもらったらうれしいものです。

まとめ

女性から男性への本命サイン。どれだけの男性が気づいているものでしょうか? 鈍い男性に対してはあからさまにアピールするくらいがちょうどよいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数124件(22歳~34歳の社会人女性)

※この記事は2016年04月21日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE