お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女の本音を比較】恋人とSNS上でもつなかっていたい?

ファナティック

カップル離れている友人とも気軽に近況報告ができるSNS。とても便利ではありますが、必要以上にプライベートに干渉されるなど、SNSならではの問題があることも事実です。今回は、パートナーとのSNSでのつながりについて思うことを、社会人男性・女性それぞれに聞いてみました。

Q.パートナーとSNS上でもつながっていたいと思いますか?

<女性>
思う……26.4%
思わない……73.6%

<男性>
思う……34.6%
思わない……65.4%

女性のほうが、パートナーとはSNSではつながりたくないと考えている人が多いようです。男女別に理由を見てみましょう。

女性の意見……知らなくてもいいコトもある

・「SNSは素の自分とはちがう、ちょっと演出している部分もあるので」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「しょうもないネタとかをアップしたりしたいので、あんまり見られたくないかもと思うから」(32歳/不動産/専門職)

・「愚痴とかを別の場所でこぼしているから見られたくない」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「旦那さんのFacebookに女性が『いいね!』とかコメントをしてたら、誰だろ……って無駄にチェックしちゃう気がするのでつながらない」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「それぞれのコミュニティがあるので、あえてすべてでつながる必要はないから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

「彼の友だちは自分の友だち、自分の友だちは彼の友だち」というつながり方を好まない人も多いようです。人にはさまざまな一面があり、彼と接しているときの自分と、たくさんの人に向けて発信するSNSでの自分を使い分けている人もいるでしょう。相手のすべてを知ることが必ずしもいいことだとは限らないのかもしれませんね。

男性の意見……リアルの世界の彼女なのに

・「リアルでつながっているのであれば、十分」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「常につながっていると、メリハリがなくなって生きにくい」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「直接話せばいいから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「あまりネット上でつながりすぎていると、会ったときの感動がなくなりそう」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「プライバシーがなくなるから、SNS自体やらない」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

パートナーはお互いに会おうと思えば会える関係なのに、常にSNSでつながっていることに違和感を覚える人も多いようです。また、いくら親しい間柄でもプライバシーは重視するべきという意見も。パートナーのように特定の人物とのやりとりは、やはり電話やメールなど、直接的な方法が適しているのかもしれませんね。

まとめ

パートナーでもお互いに、知られたくないことや知りたくないことがあっても不思議ではありません。人はさまざまなコミュニティの中で生きています。それぞれのコミュニティにおける自分をうまく使い分けることで円滑な人間関係が築けるという側面もあるはずですよね。パートナーともSNSとも、うまく付き合っていきたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数234件。22歳~38歳の社会人男性・女性)

※この記事は2016年04月21日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE