お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【衝撃の新事実】「自分が好きな女子」と「自分のことが好きな女子」、男性はどちらにアプローチをかける?

ファナティック

気になる男性があらわれたときに、自分からアプローチをしかけるか、それとも待った方がいいのか、すごく悩みますよね。そこで社会人男性に、もしアプローチするとしたら「自分が一方的に好きな女子」と「自分のことが好きな女子」、どちらかを聞いてみました。

Q.男性に質問です。「自分が一方的に好きな女子」と「自分のことが好きな女子」がいた場合、どちらにアプローチをかけますか。

自分が一方的に好きな女子……28.7%
自分のことが好きな女子……71.3%

今回のアンケートでは、なんと「自分のことが好きな女子」を選んだ男性が7割以上という結果に。やっぱり気になる男性があらわれたら、自分から「好き」だということをアピールした方がうまくいきやすいのでしょうか? 理由を詳しく聞いてみましょう。

<自分のことが好きな女子にアプローチする!>

■幸せになれる確率が高い

・「自分のことが好きな女子のほうが得難い」(31歳/金融・証券/専門職)

・「幸せになる確率が高そうな気がするので」(32歳/商社・卸/営業職)

・「愛するより愛されたいので」(33歳/機械・精密機器/技術職)

自分が一方的に好きで振り向いてくれるかわからない女子よりも、自分のことを好きになってくれる女子を追いかけた方が、「幸せになれる確率」は高いのだそう。その相手のことが好きになれそうなら、相思相愛のカップル誕生。やっぱり選べるならこっちかも?

■好意を知っていればアプローチしやすい

・「相思相愛になるからアプローチしやすいと思うから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「自分に好意を持っている人にアプローチすればカップルになれるかもしれないから」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ある程度相手の好意に気付いていないとアプローチかけられない」(34歳/情報・IT/技術職)

また男性はアプローチをしかけるにしても、ある程度相手に「自分への好意」があった方がしかけやすいのだそう。そういえば気のある振りが上手な女性ほど、よく男性からモテていたりしますね。男性からモテたいなら、好意を見せるのは大事かもしれませんね。

<自分が好きな女子にアプローチする!>

■自分が好きな女性を追いかけたい

・「後悔をしたくないので、自分の気持ちに従う」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分の気持ちに正直でいたいから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

一方で自分にウソをつきたくない、後悔したくないと、あえて自分が一方的に好きな女性を追いかけるという男性も。恋愛は頭で考えるようにはいかないもの。確率や可能性で考えるよりも、気持ちに正直に生きたほうがいい!?

■好きじゃないと長続きしない

・「結果的には自分の気持ちがないと続かないから」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分が追いかける恋愛じゃないと続かないから」(32歳/小売店/事務系専門職)

自分が努力して勝ち取った恋愛は、棚ぼた方式で手に入った恋愛よりも、かけがえのないもののように思えるもの。そのため恋愛は自分から追いかけていきたい、と考えている男性もいました。またこんな男性なら、彼女を大切にしてくれそうですよね。

追う恋愛も追われる恋愛も、それぞれにいいところが。ひとまず上記意見を参考にするなら、好きな気持ちは素直に表現した方が恋愛成功率は高まりそう。今、片思い中の男性がいるなら、ただ見ているだけでなく積極的にアプローチしてみるといいかも?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年04月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE