お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「彼女との結婚を意識したきっかけ」ランキング

ファナティック

恋人との付き合いが長くなってくると、だんだん結婚を意識してくるものですよね。とはいっても、なかなか女性側から言いだすのは、勇気がいるものです。そこで今回は男性のみなさんに、彼女との結婚を意識し始めたきっかけについて、お話を聞いてみました。

Q.ズバリ! 結婚したいと意識し始めたキッカケをお教えください。

1位 「自分の年齢」……30.22%
2位 「交際年数が長くなった」……16.22%
3位 「相手(彼女)の年齢」……10.57%
4位 「子どもができた」……8.35%
5位 「親の年齢が気になった」……4.18%
※6位以下省略、複数回答可

自分の年齢を考えて、結婚を意識し始めるようになった男性は、全体の3割以上という結果に。みなさん、どんなときに結婚したいと思うのでしょうか。

1位 「自分の年齢」

・「30歳までには結婚したかった。相手も結婚前提で付き合うことになりタイミングがよかった」(35歳/運輸・倉庫/経営・コンサルタント系)

・「まわりの同年代、年下の友人がどんどん結婚していくため」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「次に付き合う人と結婚しようと決めていて、付き合って1カ月でプロポーズした」(34歳/学校・教育関連/専門職)

自分の年齢が結婚適齢期に近づいてくると、どうしても結婚を意識し始めてしまうようですね。まわりの友人が次々と結婚し始めると、あせってしまうこともあるようです。

2位 「交際年数が長くなった」

・「6年付き合って、このままじゃ駄目だと思いお金をため出して、たまったときに決断が固まった」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「交際して8年、社会人になって3年の年に結婚した。異動で自分の体にも時間にも余裕ができて、このときしかない、と思ったから」(26歳/その他/販売職・サービス系)

・「付き合いが長くなるとタイミングを失ってきたので、ここと言う区切りを決めた」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

付き合いが長くなってくると、彼女に対する責任も出てくるものです。ついだらだらしがちなので、自分でタイミングを決めていないと、なかなか切りだせないようですね。

3位 「相手(彼女)の年齢」

・「30歳までに子どもが欲しいと付き合っていたときからリクエストされていた。逆算して28歳までには結婚しようと決意した」(33歳/通信/事務系専門職)

・「けっこう年が離れた相手の妹が結婚すると決まったときそろそろしないと思った」(37歳/商社・卸/営業職)

・「自分もいい年だったが、彼女の方が6歳年上だったため彼女に後がないなと思い、また、知人の紹介で知り合ったのでもともと結婚を意識しての付き合いだったため、早めに決めようと決意していた」(39歳/その他/技術職)

彼女が年上だったり、結婚適齢期に近づいてくると、結婚を考え始めるようですね。子どもを産むことを考えると、女性の年齢は考慮してあげなくてはなりませんものね。

4位 「子どもができた」

・「妊娠がわかったときにちょうどケンカをしていたが、生みたいと言ってくれたので結婚を決めた」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「仕事中に彼女から電話がかかってきて、『子どもができたみたい』と言われたので、『結婚しよう!』と返した」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「付き合っているときに子どもができたら結婚しようと決めていた」(31歳/運輸・倉庫/その他)

彼女の妊娠をきっかけにして、結婚の意思を固めたという男性の意見も見られました。ケンカをしていても、子どもが2人の関係をつないでくれるなんてすてきですよね。子どもができたら結婚しよう、と決めていたという意見も、結婚の意思が早くに感じられて、女性もうれしいのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか? 男性はいろんなタイミングで結婚を意識し始めるようですね。自分で気持ちを固めないと、結婚まで踏みだせない男性もいれば、周囲の環境によって結婚を意識し始める男性など、さまざまなようです。いずれにせよ、男性側から結婚を意識してくれると、プロポーズも遠くなさそうで、女性の期待も膨らむかもしれませんね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年2月26日〜2月29日
調査人数:409人(22歳〜39歳の男性)
※画像はイメージです

※この記事は2016年04月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE