お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

楽しいだけじゃない? 彼氏と同棲することのメリット&デメリット

ファナティック

同棲付き合った彼氏との仲が深まっていくにつれ、同棲の話が出てくるのはカップルとして自然なことですよね。2人で一緒にいる時間が長くなる同棲生活、でも楽しいことばかりではありません。時には大変なこともあるでしょう。今回は、働く女性のみなさんに彼氏と同棲するメリット&デメリットについて聞いてみました。

恋愛感情のメリット&デメリット

・「メリットはいつも一緒に入れて安心すること。デメリットはお互いの嫌なところも目の当たりにしなければいけないし、生活感が出てドキドキがなくなること」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「メリットは、一緒にいる時間が増えて、親密になれること。デメリットは、自分一人の時間が作りにくいことと、相手の嫌な部分が目につきやすくなること」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「いつでも一緒にいられる安心感が得られるが、気を抜けないことによるストレスもありそう」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「メリットは人と一緒に暮らして楽しさを感じられるところ。デメリットはその人と別れて、ほかの人と暮らしたときにその人のことを思い出してしまいそうなところ」(34歳/金融・証券/専門職)

一緒に過ごす時間が延びる分だけ、互いが互いに慣れてしまって、恋愛特有のドキドキ感が薄れてしまうのはどうしても否めません。とはいえ、同棲していなくてもマンネリ期が訪れるカップルはいますから、ある程度は、しょうがないのかも……。

結婚に関するメリット&デメリット

・「メリットは、結婚前に生活の価値観を確認することができる。デメリットは、別れるときに面倒くさい。女性に負担がかかる」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「結婚前にお互いの生活習慣がわかるのでいいと思う。嫌なことも受け入れられなければ別れることになる」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「結婚前のシミュレーションとしてならいいと思う。ダラダラとした同棲は女性にとってかなり損だと思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「メリットは、別居では気づくことのできない相手の生活感が見えること。それによって結婚生活を考えることができる点。デメリットは、同居してるのだから、あえて籍を入れる必要はないだろうという流れになってしまう点」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「結婚する前に同棲して無理なところがわかれば結婚して失敗することはなくなるからいい。でもズルズル同棲で結婚しない人たちもいるので、そういうのは無駄だと思う」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

ただデートするだけでは見えなかった、生活に関する価値観のちがいというのは重要です。どこからどこまでが許せる範囲なのか、ちがう価値観をどうすり合わせていくのか。ここがうまく噛み合わなければ、婚期を逃す以前に仲たがいしてしまうことになるかも……。

そのほかのメリット&デメリット

・「出かける約束をしなくて済む。結婚のタイミングが難しい」(33歳/情報・IT/技術職)

・「メリットは家賃や光熱費が一人暮らしよりお得になる。デメリットは婚期を逃す」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ずっと一緒に入れるけど、女性として見せたくない部分も見られてしまうかなと思う」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「メリットは、安定した関係になれる。デメリットは、彼氏以外との予定を入れるのに若干の申し訳なさを感じる」(22歳/建設・土木/技術職)

同棲のほうが、一人暮らしよりも金銭的にメリットが出てくるのは当然のこと。女性として見られたくない部分を見せてもイイと思える男性こそ、理想の結婚相手!?

まとめ

さまざまなコメントをいただいた中で、「ズルズルと同棲しているうちに結婚できなくなる」という見解が目立ちました。将来のことをなんとな~く考えがちな学生とちがい、社会人としてバリバリ働く女性は彼氏との将来=結婚を、多少なりとも意識している人が多い傾向にあるようです。同棲生活が楽しいのはいくつになっても同じ! でも結婚のことを考えたら……。彼氏との同棲をはじめるときは、よくよく考えたほうがいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数161件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2016年04月02日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE