お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性の目を意識してやっていること4選

ファナティック

特に社会人となると、ある程度は身なりや言動に気遣っているかと思います。特に、異性からの目というのは気になってしまうものですよね。そこで今回は、男性の目を意識して気遣っていることについて、働く女性にアンケートで聞いてみました。

<男性の目を意識してやっていること>

■メイク

・「メイクには気を抜かない、いつでも」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「アイシャドウをキレイに仕上げるということです」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「チークをしたほうがいいと言われることが多いので、チークは欠かさない」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「公共の場で化粧直しなどをしない」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「マスクについた化粧を見えないようにして捨てる」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)

働く女性というだけあって、メイク関連の回答が多くありました。最近では電車などの公共の場で化粧をする女性がちらほらいますが、大人の女性として、マナーはきちんと守りたいですね。

■ファッション

・「顔が明るく見えるような服を着るようにしている」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「胸のラインがキレイに見えるよう、補正効果のある下着をつけ体のラインが出る洋服を着る。けれど、露出は控える」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「スカートなど女性らしいものを着る」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「家にいるときはともかく、着るものには気をつける。ニットなら毛玉ができていないかとか、シワがないかとか」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

ファッションも非常に目につきやすく、印象に関わってくるものなので、重要視する女性は多いよう。肌の露出が多いと、はしたなく見られてしまう可能性が高いようですね。

■細かい身だしなみに関すること

・「歯の手入れ」(25歳/小売店/事務系専門職)

・「指先はキレイにしておく。目につくと思うので」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

・「腕の毛は絶対に剃る。髪の毛は傷みを補修する」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

歯・指先は意外に目立つところ。髪の毛も、パサパサになっていると、若干みすぼらしくなってしまいますので、定期的な手入れが必要ですね。

■言動などに関すること

・「大口をあけて笑わないこと。下品に見える」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「見つめすぎないようにしている。誤解されないようにしている」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「話すペース。興奮して早口の人を見て嫌だと思ったから」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「つまらない話にも愛想笑いする、心にもないお世辞で相手の容姿やファッションをほめるなど、本当はしたくないけど男性の機嫌を取るために仕方なくやってる」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

身なりを気遣うことも大事ですが、いくら見かけがキレイでも、言動が下品だとマイナスの印象になってしまいますよね。女性として、言葉遣いやしぐさなどはある程度、気にしたほうがよさそうです。

<まとめ>

容姿と言動、どちらも多少なりとも気遣っておきたいところ。たとえ男性の目がなかろうと、身なりが汚かったり、マナーがなっていなかったりすると、みんなから悪い印象を持たれてしまいます。ただし、あんまり男性の目を気にしすぎて男性の好みそうな服装や態度ばかりしていると、今度はわざとらしいと思われてしまうので、やりすぎには注意が必要です。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ。
 調査日時:2016年2月15日~2016年2月24日
 調査人数:136人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]