お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

働く女子に聞いた! 職場のストレスが原因で体調不良になった経験……約3割がアリ

ファナティック

イテテテテテ仕事にストレスはつきもの。どんなに好きな仕事に就けた人でも、大なり小なりストレスを感じる場面はあるはずです。僅かなストレスは、仕事にやる気を出させるスパイスになる可能性がありますが、大きなストレスは、業務に支障を与えるだけではなく、体にも多大な影響を及ぼします。そこで今回は働く女性のみなさんに、ストレスとカラダの関係にまつわるある質問をしてみました、

Q.職場のストレスが原因で病気になったり、体調不良になった経験がありますか?

「はい」……28.4%
「いいえ」……71.6%

約3割の女性が「病気や体調不良になったことがある」と答えていますね。では、その理由や、どんな症状が出たかを詳しく教えてもらいましょう。

いじめられて……

・「胃が痛くてご飯も食べられなくなり、胃カメラをしたら胃炎だった。そのとき会社で嫌がらせを受けていたので、まさにそれだと思う」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「先輩に質問しても『なに言ってるのかわかんない』と流されて、相談させてもらえなかったとき」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「職場に一時期いた女性によって少しいじめられたことがあり、それが原因で胃痛になりました」(31歳/その他/その他)

・「上司からのパワハラに3年耐えて、うつ病になった」(29歳/金融・証券/営業職)

いじめは子ども社会の中だけのものではありません。いい年をした幼稚な大人がいじめの加害者になることも非常に多いです。立場が上の人にいじめられたら、毅然と立ち向かうなんてなかなかできませんよね……。

仕事が忙しすぎて……

・「あまりに忙しく体調を崩して、半年間休職した」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「営業時代、ノルマに対する叱責がひどく病んだ」(32歳/金融・証券/営業職)

・「仕事のノルマがきつく、精神的に病んでしまった」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「毎日終電、週一の休み、サービス残業、ボーナスなしの会社のときは、過食と不眠症になった」(25歳/不動産/事務系専門職)

どう考えても超過労働なのに、平気でそれを押しつけてくる職場……絶対にブラックです。体や精神に影響を与えるようなきついノルマを課すなんて、人材を消耗品としか思っていない証拠です。

緊張感で……

・「気を張りすぎて下痢と便秘を繰り返す2カ月を過ごした」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「プレゼン前に緊張しすぎて、下痢をした」(24歳/その他/事務系専門職)

適度な緊張感は集中力を高まらせますが、緊張がすぎれば、体はそのストレスに耐えきれず、「もう無理!」となんらかのサインを出します。サインが出るほど緊張するような場面、遭遇したくないものです……。

まとめ

職場で受けるストレスは、人それぞれ。そして、それを解消する方法も人によって異なります。ストレスを溜めすぎるのか確実に体にも心にもよくないことです。ストレスフルな職場から脱出する、週末は必ずしっかり休みを取ってストレスを発散させるなど、自分にできる自衛をどんどん実践していってくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]