お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

またやってしまった……! 女子に聞いた「なかなか抜け出せない」恋愛パターン5選

ファナティック

自分でもわかっているのに、いつも同じパターンで恋愛が進み、終わってしまう。そんな経験はありませんか? 一度ハマるとなかなか抜け出せない負の連鎖に悩んでいる女子は少なくないようです。そこで今回は、抜け出そうにも抜け出せない、いつもの恋愛パターンについて女子のみなさんに調査してみました。

相手に合わせすぎてしまう

・「相手に気に入られようと言うことを聞きすぎる」(27歳/金融・証券/営業職)

・「行きたい場所や食べたいところをいつも相手に合わせてしまう」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

・「好きすぎて相手に合わせすぎてしまう」(33歳/医療・福祉/専門職)

嫌われたくなくてなんで相手に合わせてしまう。しかし、なんでもイエスマンで自分の意思がないままでは、相手も次第に一緒にいて楽しくなくなってしまうかもしれません。

なかなか告白できない

・「友だち以上恋人未満のまま、どう動けばいいかわからなくなる」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「なかなか告白できずに次に進めない」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「片思いのまま告白できず終わる恋」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

告白のタイミングをつかめないまま、ズルズルと中途半端な関係を続けてしまうと、進む方法も分からなくなってしまいそうですよね。いつか後悔することがわかっているのに、一歩の勇気が踏み出せないまま終わってしまうパターンもあるようですね。

ダメ男に引っかかる

・「ダメ男を見放せなくてダラダラ付き合ってしまう」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「頼りない男の成長を待ってしまう」(31歳/通信/事務系専門職)

・「ダメ男に母性を感じてしまう」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

世話を焼いたり貢いだりしすぎて、いつもダメ男に引っかかってしまうパターン。「この人には私がいないと」と思ってしまうと、戻ることは難しいダメンズ沼にはまってしまうかもしれませんね。

尽くしすぎる

・「尽くしすぎて『重い』と言われる」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「彼の面倒を見てしまいお母さんになり、女として見られなくなってしまう」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

いいように使われて気づいたらフラれていた……なんてことを繰り返したくない、と思っていても抜け出せずに尽くし過ぎてしまうパターン。こちらも、嫌われたくないという気持ちから起きるものが多いみたいです。

本当に好きなのか不安になる

・「本当に好きな人なのか、いつもわからなくなってしまうこと」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「うまくいってるときに爆弾LINEを送ってしまう。相手の反応を試してしまう」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「相手が自分のことを本当に好きなのか、常に疑ってしまう」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

好きだから付き合っているのに、平穏だと逆に不安を感じてしまう女子も。お互い、日ごろから自分の気持ちを言葉にするのは大切かもしれませんね。

まとめ

相手に好かれよう、嫌われないよう努力したことが裏目に出て、結局いつものパターンに落ち着いてしまう。嫌われたくないと強く思いすぎて、彼のことを見なくなってしまうと、2人の間には溝ができてしまうもの。自分に自信がないことが原因なのかもしれませんね。まずは、自分のことをきちんと見つめて自分を大切にすることが大事なのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数168件(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]