お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

きっかけはお母さん!? 女子が、初めてファンになった芸能人とは?

成瀬瑛理子

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

みなさんは初めて好きになった芸能人って覚えていますか? 熱心なファンとまではいかなくとも、なんとなく気になって見てしまう人がいた女子は少なくないはず。働く女子に初めてファンになった芸能人は誰だったのか聞いてみました。

みんながファンだったから……

「幼稚園のときにSMAPの下敷きを使っていた! まわりの子もSMAPが好きで写真とかを集めていたから、マネしただけだった気もするけど」(26歳/金融)

小さいころは、「みんなが好きだったからなんとなくファンになった」という人も多いのではないでしょうか。

お母さんが好きで

「お母さんが好きだった反町隆史。一緒になってテレビを見ているうちに私も好きになった」(28歳/広告)

こちらもまわりの影響を受けて好きになったという意見。特に90年代はドラマやCMにもたくさん出ていて、大人気でしたもんね。

初めて買ったCDが……

「小学生のとき、初めて買ったCDがSPEEDだった。とにかく大好きで、給食のときの校内放送で流してもらっていた気がする。今でもときどき昔の映像を見てはなつかしい気持ちになっている」(30歳/不動産)

活躍中のアーティストの音楽が校内放送で流れていた記憶、なんだかなつかしいです。自分の好きなCDをみんなで持ち寄っていましたよね。

中学生になって

「あんまりテレビを見る家じゃなかったから、小さいころは芸能人などに興味がなかった。中学生くらいのときにジャニオタの友だちにそそのかされ、私もすっかり追っかけの道に……。NEWSの手越くんのうちわをせっせと作ってはコンサートに行っていた。いまだにファンをやめられていない」(26歳/金融)

ジャニーズにハマる女子はやはり多い? 小さいころは興味がなかった反動なのか、どっぷりファンになってしまったという人も。

初めて好きになる芸能人は、まわりの影響を大きく受けるようです。「カッコいい」と誰かが言っているのを聞くうちに、なんとなく気になってしまうものなのかもしれませんね。あなたが初めて好きになった芸能人は誰ですか?

※画像はイメージです

(成瀬瑛理子/プレスラボ)

成瀬瑛理子

1989年横浜市出身。編集プロダクション・プレスラボ所属。出版社、広告代理店の営業を経て念願の編集・ライターに転身。ガッチリした筋肉の人が好きで、水泳やアメフト観戦が趣味。女子校育ちゆえに同性の友達とつるむことが多く、女子の中で話題になる旬の恋愛・美容ネタが得意です。

この著者の記事一覧 

SHARE