お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PRトレンド スイーツ

ミニストップ、「がんばる女性を応援する」がテーマの新コミュニケーションスタート

フォルサ

ミニストップはこのほど、新たなブランドタグライン「笑顔もできたて。」のもと、2016年から新コミュニケーションを展開していくことを発表した。

提供:ミニストップ株式会社

同店では店内に併設した厨房で「ソフトクリーム」や「パフェ」といったゴールドスイーツや、「X(エックス)フライドポテト」「クランキーチキン」といったホットスナックを作っている。できたてを提供できるのが強みであり、新たなブランドタグライン「笑顔もできたて。」は、これらのできたての「店内加工食品」を中心に、世の中にたくさんの笑顔を増やしていきたいという想いが込められているという。

2016年から展開する新コミュニケーションは、「がんばる女性を応援する」をテーマに実施する。季節に応じたコールドデザートやホットスナックを届ける「ごほうび係」という役割として、がんばる女性たちがちょっとしたごほうびタイムに立ち寄る店を目指すという。キャッチフレーズは、「自分にMINIごほうびだっ!」となっている。

新コミュニケーションの第一弾は、「練乳いちごパフェ」(350円・税込)の発売。今年は、いちごソースに使用するいちごの量を昨年よりも約2倍に増量した。濃厚ないちご感が楽しめるという。また、トッピングの果肉に加え、下のベースとなるいちご果肉にも練乳をかけ、より濃厚な「ミルク感」を引き出した。同商品は3月11日から順次全国の店舗で発売する。

3月11日からは、新商品の「練乳いちごパフェ」のテレビCM放映がスタート。仕事をがんばる女性がほっと一息をつく、誰にでもある日常のシーンが描かれている。CMの楽曲はスキマスイッチが担当しており、タレントの臼田あさ美さんが出演している。

曲づくりについて、スキマスイッチの大橋さんから次のコメントが寄せられている。

「『自分にMINIごほうび』というテーマにはとても共感しました。週に何回かでも、小さなことでも自分で自分をちょっとほめてあげられたら、それはすごく励みになると思うんです。僕たちも楽曲を通じてがんばる女性たちに少しでもエールが送れたらと思っています」

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]