お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

風呂が長すぎって勘弁! 男子が「同棲してはじめて知った」衝撃な女の生態4選

同棲したら、急に彼から男らしさが消え、彼が甘えん坊になり、おおいに驚いた女子もいるかと思いますが、男子も男子で、同棲してはじめて知った女子の生態に驚いています。今回は、「男子が同棲してはじめて知った女子の生態」に迫ります。さっそくご紹介しましょう!

1:意外とお風呂が長いのね

「彼女のお風呂が2時間以上ということに驚きました。ワンルームマンションのユニットバスを2時間以上彼女に占領されたら、トイレに行けないんですよね」(27歳・IT)

こういうのは、姉や妹がいる男子はよくご存じではないかと思いますが、いなければ同棲してはじめて知ることになるのでしょうか。

2:意外と電気を使うのね

「同棲した翌月にきた電気の請求書を見て驚きました。ひとり暮らしのときの倍以上でした。ヘアドライヤーを使ったり、美顔器を使ったり、女子ってなにかと電気を食う生き物なのね」(26歳・飲食)

お風呂からあがってエアコンをつけて、こたつもつけて、ドライヤーで髪を乾かしつつ、電子レンジで紅茶をチンして、ブレーカーが落ちるパターンでしょうか?

3:ドカ食い週間って!

「女子って、生理前にドカ食いをする……こんなの、同棲でもしないと知りませんでした」(28歳・通信)

人によるのかもしれませんが、生理前にドカ食いする女子……男子はおおいに驚くはずです。
以下もおなじ男子の証言です。

4:生理って月に2回ある月もあるのね

「女子って、1か月に2回も生理があるんですね! 同棲するまで知りませんでした」(同上)

満月の日だって、1か月に2回ある月がありますもんね。

いかがでしたか?
ご紹介した証言以外にも、寝るときに女子はなぜ締め付けられることを好むのか? というのもありました。脚をぎゅっと締め付けるタイツのようなものを穿き、なおかつブラまで付けている! そんなにあちこち締め付けて寝て、悪夢を見ないのか? というようなご意見です。若いころの同棲って、とくに異性の兄弟がいない人にとっては、男とは? とか女とは? ということを学ぶかっこうの機会ではないかと思います。
いきなり部屋を引き払い、彼と同棲して、田舎の親が「あなたのおうちに送った荷物、戻ってきたで。あんた、今どこに住んどん?」と驚くことのないよう、正当な手続きのもと、同棲をしてみると、心配いらずの結婚ができるかもしれません。

(ひとみしょう)

お役立ち情報[PR]