お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【男子のホンネ】できれば女子からして欲しい……プロポーズが「恥ずかしい」理由

ファナティック

プロポーズは恥ずかしい?

プロポーズは多くの場合、男性からするものですが、改まって結婚の申し出をするのは男性とて、ためらいはあるのです……。そこで今回は男性たちにこんな質問をしてみました。

Q.プロポーズするのは恥ずかしいですか?

「はい」……50.8%

「いいえ」……49.2%

なんと、2人に1人の男性が「プロポーズをするのは恥ずかしい……」と答えています。では、それぞれの回答を選んだ理由を教えてもらいましょう。

<恥ずかしい!!>

■本音を言うのは恥ずかしい

・「恥ずかしいというより、どうしても照れくさいと思うから」(28歳/その他/クリエイティブ職)

・「プロポーズだけではなく本音を伝えるときは何でも恥ずかしくなる」(35歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分の気持ちを相手に言葉にして伝えると言うのは難しく、気取った言い回しなんかは思いつかず、たぶんストレートに伝えることになると思うが、それはとても勇気のいることだと思うから」(29歳/自動車関連/技術職)

普段から「大好き」「愛してる」などの言葉での愛情表現をあまりしていない人だと、改まって「結婚しよう」なんて言うのは気恥ずかしいのかもしれませんね。

■断られたらどうしよう……

・「断られるんじゃないかという懸念が付きまとうので」(31歳/情報・IT/技術職)

・「振られたときのその後の関係が不安だから」(26歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「失敗したらどうしようというドキドキ」(31歳/医療・福祉/技術職)

「万が一」ということがありますからね……。「大丈夫だとは思うけど、もし断られたらどうしよう……」と脳裏にちらつく不安もわかります。

では次に「恥ずかしくなんてない!」と答えた人たちのコメントを見てみましょう。

<恥ずかしくない!!>

■けじめなのだから

・「自分が思っていることを言うだけなので恥ずかしいと思わない」(25歳/その他/事務系専門職)

・「この人となら生涯一緒にしたい女性であれば、恥ずかしがらずプロポーズできると思う。ない理由はない」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「まだプロポーズしたことはないが、けじめだと思うのでおそらく恥ずかしくはないと思う。もっとも緊張はするかもしれない」(35歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

ある程度の年齢での付き合いならば、結婚前提に付き合っているのは暗黙の了解でしょう。プロポーズによって一つの区切りを付けず、ずるずると中途半端な付き合いを続ける男性が御免ですよね。

■当然の流れ

・「自分が本当に好きな女性に自分の気持ちを伝えるのに、恥ずかしいと感じる必要があるのかと思うため」(32歳/商社・卸/営業職)

・「自然だから」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「プロポーズするほどの人がいれば、それは恥ずかしいことではなく誇らしいことだから」(35歳/その他/その他)

その女性を本当に愛しているのなら、プロポーズをするのが自然の流れです。これも愛情表現の一つと思えば、恥ずかしさも何もないはず。

まとめ

プロポーズは愛情表現の一つとはいえ、結婚は人生の中でもっとも大きな節目。その節目を迎える第一歩なのですから、恥ずかしくなったり、緊張してしまったりするのも仕方のないことなのかもしれません。彼女は彼がリラックスしてプロポーズができるように、雰囲気作りをサポートしてあげるといいかもしれませんね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年1月18日~1月19日
調査人数:425人(22歳~39歳の男性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]