お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 おでかけ全般

「日帰り旅行」がオトクな理由4つ

ファナティック

日帰り旅行のメリット

今まで宿泊つき旅行しかしていなかったなら、ぜひ日帰り旅行のよさをもう一度見直してみてほしい! 日帰り旅行には、節約しながら旅するためのヒントがたくさん隠されています。そこで女性に「日帰り旅行のよさ」について聞いてみました。

荷物が必要なく、身軽に旅行できる

・「泊まりの荷物がないから荷物が軽くていい。宿の予約が不要なので思い立ったらすぐ行ける」(28歳/その他/専門職)

・「宿泊すると、服、化粧品など荷物がたくさんになり大変。準備も面倒くさいので、日帰りは気軽でラク」(34歳/建設・土木/事務系専門職)

・「パッキングしなくていい。おみやげを買わなければという強迫観念がない」(34歳/その他/クリエイティブ職)

泊まり旅行は化粧品や着替えを用意しなければならないため、女性の場合は荷物がパンパンにふくらみがち。その点日帰りなら、メイク直し一式やちょっとした荷物があれば、それだけで旅することが可能。荷物が少ないと、旅も楽しい気持ちでできますよね。

宿泊代を、ほかの費用に回せる

・「宿を取らなくて済むので宿代をほかのことに使えるし、天気や体調が悪ければほかの日に気軽に延期できる」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「旅行準備をしなくてよく、ほぼいつも通りの持ち物で行ける。食事も家から何か持っていけばいいので、交通費以外は金を使わず済むことも多い」(23歳/その他/その他)

日帰り旅行では宿泊費用がかからないため、浮いたお金を旅先でおいしいものを購入したり、お土産物に充てたりすることが可能。さらに旅行先でそのお金を使わなかったら、貯金に回すことも。節約しながら旅するなら、日帰り旅行が一番?

その日に帰れるため、生活リズムが崩れない

・「行く前、後の生活リズムが乱れないのが一番いいです」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

・「楽しんできて、後は、家で慣れた布団でぐっすり寝れる」(34歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

さらに日帰り旅行はその日のうちに家へ帰宅することができるため、いつもの布団でぐっすり休め、次の日はいつも通りの日常を過ごすことが可能。生活リズムが崩れないため、土日の2日間しかない休日でも、気軽に旅できるのがうれしいですよね。

リフレッシュしたいときにすぐ行ける

・「仕事の休みが連休ではないので遠くにはなかなか行けないが、日帰りでもどこかへ行くとリフレッシュできる」(30歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「予算が少なくて済む、短い休みでも非現実感を味わえる」(31歳/その他/クリエイティブ職)

旅は日常が大変なときほど行きたくなるもの。自分の気持ちが煮詰まったとき、仕事が忙しくて日常を少し離れたいときなど、心が窮屈になったときにふらっと旅に出られるのが日帰り旅行のいいところですよね。毎日がんばるためにも、旅は大事です。

まとめ

日帰り旅行はお金も時間も節約しながら旅することができるため、お財布がピンチなときにもうれしい旅行の方法。自分にごほうびをあげたいときはもちろん、心が窮屈になって大変なときには、ぜひ日帰り旅行を活用して、ぷらっと日常を離れて過ごしてみてくださいね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年1月27日~1月28日
調査人数:408人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]