お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド スポット

ヒグマを間近に観察できる! 東武動物公園の新クマ舎オープン!

雄のイナオくん

東武動物公園は、3月28日に開園35周年を迎えるにあたり、記念事業の一環として同月にクマ舎をリニューアルオープンする。

歌舞伎町にリアルなスパイ体験ができるアトラクション施設「in SPY re」誕生

「大きな猛者に大接近」がコンセプトの新クマ舎は「ヒグマの森」と名付けられ、旧展示場の2倍の広さを持ち、「生態」・「接近」・「体験」の3つのキーワードの元、クマの生き生きとした様子を見ることができる。

展示場内には、ヒグマが主に生息する北海道の森林を再現しており、大型プールが設置されている。ヒグマは野生では獲物を捕らえるために積極的に水の中に入る習性があり、「ヒグマの森」でも、プールの中で遊ぶクマの姿が確認できる造りになっている。

また、2メートル・250キロのヒグマの巨体を実感することができるよう、「ヒグマの森」の前面と側面にはガラスビューが、長さ7メートルの中央回廊には途中小窓が設置されている。

「ヒグマの森」イメージ

土・日・祝日には、ヒグマの生態や個体の説明を聞きながら、クマにエサをあげる様子が見られる体験イベント「クマガイド」が開催される。さらに、飼育係だけではなく参加者自らエサやり体験ができるスペースも登場予定だ。

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]