お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

チラチラ見える〇〇ゴコロ……。男性がおごるつもりで女性を食事に誘うときの気持ち4選!

ファナティック

食事に誘ってもらったはいいけれど、ちょっと金欠で「正直行きたくない~」ということもありますよね? そこでおごるつもりの男性が「食事に誘うときの気持ち」を聞いてみました。こんな男性からのお誘いなら、高確率でおごってもらえるかも?

自分の好意に気づいてほしい、いい関係になりたい

・「自分が好意を持っているということに気づいてほしい」(35歳/建設・土木/技術職)
・「良く思ってくれればいいなという下心があります」(32歳/金融・証券/営業職)
・「友だち以上の関係になれることを意識しているから」(31歳/情報・IT/技術職)

自分に好意を持っていてくれて、今以上の関係に発展させたい、という下心がある男性はおごるつもりで女性を食事に誘うことが多いよう。食事に誘ってくれたときに、何らかの意気込みが感じられるようなら、おごってもらえる確率は高そう?

あわよくば……と期待しているとき

・「あわよくばホテルにつれていこうかなと。正直言って下心あります」(28歳/金融・証券/専門職)
・「格好つけて、あわよくば何かあれと思うから」(39歳/情報・IT/技術職)
・「女性とふたりきりで遊ぶときはおごります。その後を期待しているので」(30歳/情報・IT/その他)

食事というチャンスを、どんな風に使うかは男性次第!? 中には「あわよくば」とよからぬ下心を持って、食事をおごろうとしてくる男性もいるよう。おごってくれるからとホイホイついていってしまうと、危険なわなが待っているかも!?

楽しい人と楽しく食事したいとき

・「初めて誘う女性なら付き合ってほしい気持ちで、これまでも親しい女性なら楽しく食事をしたいという気持ち」(32歳/その他/事務系専門職)
・「一緒にいて楽しかったり、何かを得たのであれば、おごってあげたい」(33歳/情報・IT/技術職)

楽しい時間を過ごさせてくれることを、あらかじめわかっている女性なら、たとえ気がなくても「おごってあげたい」と男性は誘ってくれることがあるよう。男性がおごってくれるかどうかは、日ごろの行い次第……でしょうか。

ご褒美としておごってあげたい

・「その女性が悩みを抱えていたり、仕事で失敗したりして、何かしら励ましてあげようというときくらいで、下心があったりはしないケースばかりです」(38歳/金融・証券/営業職)
・「がんばってる姿にご褒美として」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

落ち込んでいる女性を慰めるため、もしくは普段がんばっている女性に元気をつけるためなら、おごってあげたいと考える男性も。仕事がうまくいかなくて弱っているときの「食事に行こう」サインは、素直に受け取るといいことがありそう?

まとめ

男性から食事に誘われるのはうれしいものの、「自分の手持ちが間に合わない」ことも残念ながらありますよね。そんなときは、上記のような男性に絞って、お誘いを受けるのがいいかもしれませんね。ただ中には危険なお誘いもあるため、くれぐれもご注意を……。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数106件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]