お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

わからないことだらけ! 女性が教えてほしい保険のこと・3選

ファナティック

「そろそろ保険に入ろうかなぁ」と思って、各保険会社のサイトを見たところで「わかりにくい……今はいいや」と意気消沈してしまった経験がある人、少なくないと思います。保険って役割はシンプルですが、すべてを把握しようと思うとすごく複雑なんですよね。そこで今回は働く女性に、「保険のここがわからない!」と思うポイントについて聞いてみました。

■私に合うのはどれなの?

・「どの会社のどの商品が自分に合っているのかわからない」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「年齢に合った、必要な保険の内容を知りたい」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「今の自分にはどんなタイプの保険があっているのか、詳しく知りたい」(29歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「オススメのものとか、自分の年齢や収入に合ったものを知りたい」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

保険ってとにかく数が多いのが最初の難関。どれから手をつけて調べていいかわからない、同世代はどんなものを契約しているかわからない……ホント、わからないことだらけで、断念しそうになってしまいます。

■きちんと保障内容を教えて!

・「すべてを把握しておきたいので、メリットだけでなくデメリットまできちんと知りたい」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「保険のシステム、基本的なことを教えてほしい」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「申請しても保険金が下りない率はどれくらいか。入らなくても実際は困らないのかもしれないと思うから」(33歳/食品・飲料/技術職)

・「どの保険がどこをカバーしてくれるのか、今の保険のメリット、デメリット」(25歳/医療・福祉/その他)

保険会社のサイトや、保険の外交員さんは、メリットは率先して教えてくれますが、デメリットは、やはりあまりしっかりと説明してくれるケースは少ないようです。でも、そこがわからないと怖くて契約できませんよね。

■お金を増やしたい!

・「運用ができる保険がどれほどあるのか」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

・「資産運用にもなる保険があれば知りたい」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「投資系の保険をしたい」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「自分の将来にためになる保険」(27歳/その他/クリエイティブ職)

利率がいい貯蓄型の保険に魅力を感じている人、かなり多いと思います。銀行よりも利率がいいと言われたら、気になって当然ですよね。

■まとめ

保険についてわからないことを働く女性に聞いてみました。正しい知識を得たいときは、ファイナンシャルプランナーや保険外交員などにプロの意見を聞いたり、ネットで基礎知識を得たり、情報収集が必要になりますよね。人生の中でも大きな買い物になるので、しっかり納得した保険に入りたいものです。あなたが保険で気になることは何ですか?

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月22日~12月23日
調査人数:134人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]