お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

失敗は許されない! 実際に彼に喜んでもらえたバレンタインデートのプラン3選!

ファナティック

バレンタインが迫って来ていますが、みなさん準備はよろしいでしょうか? 「もう、準備万端! あとは当日を待つのみ!」という人もいれば、「忙しくて、まだ何も考えていない……」という人もいることでしょう。そこで今回は後者のようなまだまだノープランだと言う人たちの参考になるように、働く女性たちから彼に喜んでもらえたバレンタインデートプランについて聞いてきました!

■手作りでおもてなし!

・「手料理と手作りチョコレートでおもてなし」(32歳/その他/販売職・サービス系)
・「手料理でもてなし、最後にチョコを渡す」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「チョコレートを作って、夜ご飯を彼の家で作った」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)
・「家に呼んで、手作りの料理とケーキを振る舞った」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

なんと言っても彼が喜ぶものと言えば「手作り」! 彼女の手作り料理、手作りチョコレートでおもてなしされて、喜ばない男性なんてなかなかいないでしょう!

■甘いものじゃなくて……

・「彼が甘いものが苦手なので、ステーキをごちそうした」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「ホテルの鉄板焼きは普段行かないので喜んでた」(31歳/建設・土木/技術職)
・「甘いものが苦手な一人暮らしの彼氏に、チョコの代わりにシュレッダー用巨大ナイロン袋にインスタントラーメンをパンパンに詰め、リボンをかけてサンタのように担いで渡したところ、予想以上に喜ばれてビックリした」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

そうなんです……。男性って、女性とちがって、大半の人が甘いもの好きとは限りません。「甘いものをもらっても困っちゃう……」という彼には、好物でごちそうしてあげましょう!

■ちょっとリッチな気分で

・「チョコレートデート。おいしいスイーツ屋に一緒に行って、チョコパフェを食べた。甘党な彼だから喜んだ」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「ちょっとお高めのディナーのあと、チョコレート専門店でデザートを食べてホテル」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「パスタのおいしいお店でランチして、チョコレートケーキのデザートを食べた」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

甘いものが大好きなスイーツ男子の彼には、ちょっとスペシャルなチョコレートスイーツをプレゼントするのもナイスアイディア! 男性一人じゃ入りづらいおしゃれなチョコレートカフェにデートしたら喜ばれるかも。

■まとめ

バレンタインデートは、いつもがんばってくれている彼に女性がお礼の気持ちも込めて、あれこれプロデュースしたいもの。「いつも適当にチョコ渡すだけで終わり……」なんて言っている人も、今年は彼とスペシャルなバレンタインデートをしてみてはいかがでしょうか!?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数164件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]