お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

デート代は彼持ち希望!? 女子が考える、バレンタインデートの費用の割合ランキング!

ファナティック

日本のバレンタインは、基本的に女性から男性にプレゼント、主にチョコレートを送る習慣があります。愛の告白をすべき日なんですよね。しかし、付き合ってからもバレンタインは大きなイベント。デートのプランを考えている人もいることでしょう。そこで今回は働く女性たちにこんな質問をしてみました。

Q.バレンタインデートの費用の割合は、どれが妥当だと思いますか?

第1位 「男10:女0」……28.2%
第2位 「男5:女5」……26.4%
第3位 「男0:女10」……11.0%
第4位 「男6:女4」……8.6%
同率5位 「男3:女7」、「男7:女3」……5.5%
※7位以下は省略

「女性から男性にプレゼントする日」であるにもかかわらず、「彼が全部お会計は持つべき!」派が一番多いようですね。では、それぞれの回答を選んだ理由も見てみましょう。

■1位「男10:女0」

・「一応女子からプレゼントを渡すことが多いと思うので、ほかは男性が持ってくれたらうれしいから」(33歳/その他/クリエイティブ職)
・「デートの費用は彼持ちが当たり前」(26歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「食事は男。プレゼントは女」(31歳/建設・土木/技術職)
・「男が出すべき」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「チョコレートなどのプレゼントは私が出すんだから、ほかは出してよ!」という人たち。その気持ちもわかりますが、彼のほうはコレ、どう思っているんでしょうね……。

■2位「男5:女5」

・「バレンタインは女性が送るものだから。だけど、半分は出してほしい」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「チョコレートは用意するけど、デートはいつも通りでいい」(28歳/ソフトウェア/販売職・サービス系)
・「同じほうがお互いに負担にならなくていいと思うので。対等でいたいので」(31歳/食品・飲料/その他)
・「バレンタインに限らず、2人どちらも楽しむデートは割り勘にしたいと思う。が、実際は彼のほうが多く払ってくれてます……ありがたいやら申し訳ないやら」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

これを選んだ人の大半は「普段から半分こ」と答えていました。自分だって稼いでいるんですから、彼に全部支払わせるのは、ちょっと気が重いですもんね。

■3位「男0:女10」

・「普段の彼氏への感謝の気持ちを込めて、こういうときくらいは女性がごちそうしたい」(25歳/食品・飲料/専門職)
・「女性が全部出すことはあまりないので、バレンタインくらいいいかなと思う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「バレンタインは女性から男性への気持ちだと思うので。プレゼントとレストランの費用はいつも持っています」(33歳/電力・ガス・石油/技術職)
・「バレンタインは女子から告白するのが定番だからデート費用も女子が出す」(23歳/情報・IT/技術職)

バレンタインですもんね! いつもお世話になっているお礼の意味も込めて、女性側が全部出すのもスマートでかっこいいです!

■まとめ

バレンタインデートに対する思いは、カップルによって様々でしょう。上記のようなコメントが多く寄せられましたが、男性はどう思っているのかわかりません。「チョコ以外はいつものデートなんだし……」程度に思っているかも? 今度のバレンタインのときは、デート費用のこともよーく考えてみてください。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数164件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]