お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

今だから明かせる! じつは「元カノに隠していた」秘密4選

ひみつ恋人に隠し事をするというのは、なにも悪いことではありません。相手に対する気遣いとして「あえて言わない」という「いいこと」だったりもします。今回は、「今だから明かせる、じつは元カノに隠していた秘密」について男性の本音をお届けします。さっそくご紹介しましょう!

■1:さほど好きではなかった

「じつは元カノのことが、さほど好きではありませんでした。なんとなくダラダラと付き合っていました」(25歳・教材販売)

ネット上にはいろんな調査結果がありますが、じつは彼氏(彼女)のことがさほど好きではないけれど、なんとなく一緒にいるというカップルって案外多いそうです。あなたの彼は大丈夫でしょうか?

■2:浮気を疑っていました

「元カノは、わりとさっぱりとした性格で、しかもマイペースで自分がしたいことを自由にやる子でした。ぼくはそういう彼女の浮気をいつも疑っていました」(29歳・IT)

「君、もしかして浮気してる?」と、彼女に聞く勇気のある男性って少ないでしょう。男性が彼女の浮気を疑うときは、おそらく同時に「自分のいたらなさ」も、心に芽生えてくるもので、疑念を抱きつつ交際が進むわけですが……。

■3:「今日こそは割り勘デートになりますように」

「いつも『割り勘デートにならないかな』と思いつつ付き合っていました」(25歳・PR)

よく報じられていることですが、若い人の年収って、おおむね300万円台の場合が多いといわれており、そこから家賃を支払うとデートをするほどのお金が手元に残らないですもんね。

■4:じつは結婚したかった

「じつは元カノと結婚したかったんです。彼女はもっと遊びたかったようでして……」(27歳・飲食)

ありがちにして切ない話です。

いかがでしたか? じつはあまり元カノのことが好きではなかったというご意見から、じつは結婚したかったというご意見まで、幅広い意見が出てきましたね。元カレと「じつはあたしも、あなたのことがさほど好きではなかったんだけど、ひとりになるのがイヤだったから、ダラダラと付き合っていたんだ~」と言いながら、お酒を酌み交わすことができれば、それはそれで幸せなことかもしれません。オトナになるというのは、たとえば、こういうことなのかもしれません。

ひとみしょう

お役立ち情報[PR]