お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

女子には理解不能? どのへんがオシャレなのかよく分からない男子の「あのファッション」4選

ファナティック

カメラ女性の間で流行っていることが、何がいいのか男性には理解できないように、男性の間ではおしゃれだと言われているファッションも、女性にとっては良さが分からないこともあります。理解できない男性のファッションについて、社会人女性のみなさんに聞いてみました。

■強すぎるこだわり……

・「自分の趣味ではない、こだわりの強い服装」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「EXILEみたいな全身黒スタイル」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「原宿系なのかビジュアル系なのか……。テロテロのヒョウ柄の服」(29歳/その他/その他)

きっとお金がかかっているんだろうな、こだわって選んでいるんだろうなとは思いつつ、やはり、自分好みでなければ、おしゃれさんには見えないものです。

■余計なものが多すぎる

・「腰のチェーン、大きいベルト、無駄にファスナーがついているパンツ」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ベルトのところに、ジャラジャラつけること」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

・「とんがった靴。何がいいのか分からない。先っぽ邪魔」(31歳/その他/その他)

腰回りにアクセサリーを多用している男性をよく見かけますが、なぜ財布をチェーンでつないでいるのか、携帯を腰にぶらさげているのか、理解に苦しむという女性も多いのでは? 男性は自分の腰がバッグ代わりなのかもしれませんね。

■元気な男子アピール!?

・「短めのパンツやピタッとしすぎたパンツ。ピタッとパンツは女性より細い人もいて、あまり好みではないです」(32歳/通信/営業職)

・「ハーフパンツと帽子類の組み合わせ方」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「ニット帽。年齢によっては、え、この年でもかぶる? って思ってしまうこともある」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

カジュアルなファッションが好きな男性に多い、ハーフパンツを中心にコーディネートしたスタイル。ですが中にはハーフパンツにカチッとしたジャケットを合わせている人もいて、いったいどういうテイストが好きなのか判別できないことも。

■だらしないのはNGです

・「ダメージ系の服。ボロボロのジーンズだったり、汚れた感じのジャケットだったり、良さが分からない」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「ちょっと前に流行った腰パン。カッコいいと思う気が分からない」(23歳/不動産/秘書・アシスタント職)

・「腰パン。短足に見えるし、下着見えてるし、みっともないだけだから」(29歳/機械・精密機器/技術職)

女性から見て好印象なのは清潔感のある服装ですが、ダメージ系の洋服を好んで着ている男性も多いようです。やたらにパンツをずり下げて履くのも女性には不評のよう。だらしなさを感じるファッションには、おしゃれどころか不快感を抱く女性も多いでしょう。

男性も女性も、異性のファッションは分からないことだらけ。お互いに非難したくなる気持ちも分かりますが、同性だからこそ理解できるかっこよさがあるのかもしれません。ですが、どんな流行っていても彼には変な格好をしないでほしい…… それが女子の本音ですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数248件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]