お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

未練を残さない! 後悔しない! 前を向くための「恋の終わらせ方」

ファナティック

一つの恋が終わるとき……どう頑張っても、心の中には「つらさ」や「悲しみ」、そして「後悔」が生まれてしまうものです。とはいえ、そればかりに気を取られていると、次の幸せを見逃す可能性も大! できれば早めに気持ちを切り替えて、前を向きたいものですね。そんなときには、どう恋を終わらせるのがベストなのでしょうか。女性たちに教えていただきました。

■別れ話はハッキリと

・「あいまいではなく、はっきりと直接伝える」(33歳/その他/その他)

・「できる限りのことは全てやる。それでダメなら後悔は残らないから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「とことん自分が納得する所までやってみて、ダメだと思ったらきっぱり諦めて電話帳からその人を消去する」(32歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

終わった恋から立ち直るためには、まず自分の心に「終わった」ことを納得させる必要があります。簡単なようで、難しいこと。納得できるまで、最大限ジタバタしてみては?

■打ち込む!

・「仕事に打ち込む、すぐに次の相手を探して切り替える」(33歳/その他/その他)

これまで恋に向けていたパワーを、ほかのものへと向けてみましょう。夢中になっていれば、あれこれ考えずに済みます! 仕事や趣味で、意外な結果を残せるかも!? また新しい恋が始まるのかもしれませんね。

■とことん落ちる

・「悲しい音楽をひたすら聴いて悲しみにどっぷりと気が済むまで沈んだ。沈み続けていたらそのうち持ち直してくる」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「泣きたいだけ泣くことが大事。親にばれたくなかったので、お風呂でよく泣いていた」(32歳/その他/その他)

つらいときには、落ち込むのが当たり前。無理に明るくしても、心に歪みが生まれてしまうケースもあるよう。つらいな……と思ったら、一度とことん落ちてみて。自然と「そろそろ頑張ろう」と思えるときが来るはずです。

■書いてみる

・「相手の悪い部分を冷静にノートに書き、後悔しない」(33歳/その他/その他)

自分を冷静にさせるためには、こんな方法も有効です。どれだけ好きな相手でも、嫌なところの一つや二つはあったはず。自然と未来を意識できるのではないでしょうか。

■女性たちの名言

・「終わった恋は、運命の人に出会うための踏み台」(29歳/その他/その他)

・「時間が解決してくれるのを待つのみ。そのときは、一生引きずるかも、と不安になるけど、必ず忘れられる!」(33歳/印刷・紙パルプ/その他)

・「こんな気持ちを教えてくれて、もっといい大人になれる!」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

次の恋へと前向きに進んでいくために、ぜひ胸に刻み込んでおきたい「名言」もちらほら。どれもこれも、女性たちの経験が詰まった、おもーい一言ばかりです。鏡の中の自分に向かって、実際に口にしてみてください。言霊となって、響くはずですよ。

■まとめ

今はつらいだけかもしれませんが、時間が経てば、必ず別の面から失恋について考えられるようになるはず。みんなの意見も参考にして、自分なりの「前の向き方」を見つけてみてください。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数411件(22歳~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]