お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

「今夜飲みに行かない!?」 翌朝早いのに突然誘われたときのスマートな断り方・4つ

ファナティック

「これから飲みに行かない?」なんていうお誘いはうれしいけど、明日は朝から予定がある……なんていうとき、断り方に困りますよね。正直に予定があることを言うべきか、相手の気分を害さないよう別の理由をつけるかで迷ってしまうことも。では社会人女性はこんなとき、どうやってお誘いをかわしているのでしょうか? さっそく聞いてみました。

■正直に予定があることを言う

・「正直に予定があることを言う。先に約束したほうを優先すべきだから」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「正直に事情を説明して早く帰らせてもらう」(30歳/建設・土木/技術職)

・「次の日予定があると正直に言う。変に疑われて信用をなくしたくないから」(28歳/生保・損保/営業職)

多かったのは「正直に予定があることを言う」という意見でした。へたに嘘をついて後からばれるよりも、正直に先約があることを言ったほうが安全ですよね。お誘いにのったとしても、早めに帰らせてもらうほうがよさそうです。

■「○○時まで」と区切る

・「明日朝が早いので、◯◯時までだったらと伝える」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「何時までならいい、と制限を最初に伝える」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「明日が早い旨を伝えて、いられる時間を相談する」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

「お誘いにはのるけど時間を区切る」という意見も多くありました。せっかくのお誘いを無駄にしないためにも、前もって「○○時までなら」と時間を区切っておくと、誘ってくれた人にも次の日の予定にも響かないのでいいですね。

■「予定があるけど○日は空いている」と別の日を提案する

・「予定がある、ただし○日なら空いている、と言う」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「予定があるというのが断りの口実だと思われないように、今回はごめんねと断りつつ『来週金曜はどう?』などと、必ず次の約束をその場で設定する」(32歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「予定がある日を伝え、○日だったら大丈夫!と具体的な日にちを伝える。『また誘って』などあいまいな答えでは、こちらの気がないようにとられてしまうから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

「明日の朝が早いから今日は無理だけど、○日なら大丈夫!」と、その日のお誘いは断りつつ、別の空いている日を提案するという意見も。「また誘って」はついつい言ってしまいがちですが、具体的に「○日なら」と言うほうが好印象のようです。

■体調不良で断る

・「体調不良を貫く。嘘ではないので」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「体調不良で断る」(32歳/農林・水産/事務系専門職)

・「体調不良を理由にする」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

少数派ではありましたが「体調不良と言って断る」という意見もありました。あまり気乗りしない人からのお誘いだった場合は、次の日の予定がどうこうと説明するより、具合が悪そうに装って体調不良を理由にするのもひとつの手かもしれませんね。

■まとめ

「明日の朝が早いのに突然のお誘いが来たときにどうかわすか」について、さまざまな意見が寄せられました。ほとんどの人が正直に予定があることを言って断ったり、○時までと区切ったり、○日なら大丈夫と別の日を提案したり、いろいろと対応方法も工夫しているようです。ぜひ参考にしてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月18日~12月19日
調査人数:412人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]